2015年07月26日

2018年ワールドカップロシア大会欧州予選

2018年ワールドカップロシア大会の大陸別予選の組み合わせ抽選会が行われました。ヨーロッパ予選は52チームが参加し13の出場枠。

前回大会で優勝のドイツはチェコ、北アイルランドなどと同じC組に入りました。A組はフランス、オランダ、スウェーデンが同組に、スペインはイタリアと同じG組に入りました。イングランドはスロバキア、スコットランドと同じF組です。

2018年ワールドカップロシア大会欧州予選の詳細な日程はこちらの「2018年ワールドカップロシア大会欧州予選情報」をご確認下さい。

投稿者 btctkt : 09:06 | コメント (0)

2014年10月29日

2018年W杯ロシア大会でのロゴ

早くも2018年W杯ロシア大会での公式エンブレムがモスクワで発表されました。

投稿者 btctkt : 15:14 | コメント (0)

2014年06月13日

開幕戦でブラジルが逆転勝利

2014年ブラジルW杯が開幕しました。これから約1ヶ月の間各国が熱戦を繰り広げる大会が遂に開幕です!

ブラジル対クロアチア戦が行われるサンパウロは最後まで地下鉄労組のストが心配されましたが最終的には回避され無事に試合が行われました。

その開幕戦ですがオウンゴールで先制したクロアチアに対しネイマールのゴールで追いついたブラジルが1-1で前半を折り返します。 後半に入りロブレンのフレッジへのプレーで得たPKをネイマールが決めてブラジルが逆転。ロスタイムにもオスカルのゴールで3-1としたブラジルが勝利しました。

写真 16.26.13.JPG

投稿者 btctkt : 16:32 | コメント (0)

2014年06月12日

W杯ブラジル大会 本日開幕!

WC2014.png

本日開幕の2014年ブラジルW杯。
開幕戦のブラジル対クロアチア戦が行われるサンパウロですが地下鉄労組のストを理由に解雇された職員の復職が実現しない場合、再びスト突入が宣言されました。

ストが実施された場合の交通手段はバスとなる見込みで観戦予定のお客様はくれぐれもご注意下さい。

またリオデジャネイロにある3空港の職員がW杯開幕日に合わせ24時間の部分ストを実施することを発表。リオから移動を予定されている皆様は若干の遅延等も想定されますので早めの行動を心掛けて下さい。

投稿者 btctkt : 14:44 | コメント (0)

2014年06月05日

W杯期間中の安全について

ブラジルの治安を報道するニュースが増えてきました。

これに伴い外務省は日本代表が試合を行うレシフェ、ナタル、クイアバの3都市に試合前後の数日間、臨時事務所を開設。職員、医務官ら十数人を待機させ試合当日はスタジアムに職員を派遣する予定のようです。

夜間の単独行動を出来るだけ避け、暗がりや、徒歩での外出を控える等基本的なことを守りながら安全で楽しい観戦旅行にして下さい。

写真はリオデジャネイロのマラカナンスタジアム。私は周辺を含め一人でこの辺りを散策していましたが昔はかなり危険なエリアだったようです。比較的近くには今でもスラム街ファベーラがあるようです。ここに限りませんが皆様油断せず何とぞご注意下さい。

P1040364.JPG

投稿者 btctkt : 08:43 | コメント (0)

2014年06月04日

W杯ブラジル大会間もなく開幕

日本は6/02にタンパのレイモンド・ジェームズ・スタジアムでW杯でグループDのコスタリカと強化試合を行いました。31分にコスタリカに先制を許しますが後半15分に遠藤選手のゴールで同点とすると後半35分には香川選手のゴールで逆転、ロスタイムにも柿谷選手がこぼれ球を押し込み3点目を奪い3-1で逆転勝利しました。

そしてW杯前最後の親善試合となるザンビア戦は日本時間、6/07(土曜)朝に行われます。

*写真は開幕戦となるブラジル対クロアチア戦チケットです。

10155764_722497214480426_3125053847294034356_n.jpg


投稿者 btctkt : 14:41 | コメント (0)

2013年11月21日

2014年W杯ブラジル大会全出場国が決定

大陸間プレーオフ第2戦、日本時間11/20にウェリントンで行われたニュージーランド対メキシコは4-2でメキシコが連勝。この結果2試合合計でも9-3としたメキシコが6大会連続となる本大会出場を決定させました。

そして日本時間11/21の朝に行われたウルグアイ対ヨルダンの第2戦は0-0で引分け。この結果2戦合計5-0で勝利したウルグアイがW杯出場最後の1枠を獲得しました。以下はW杯全出場国となります。

アジア
日本(5大会連続5度目) イラン(2大会ぶり4度目) 韓国(8大会連続9度目) オーストラリア(3大会連続4度目)

ヨーロッパ
スペイン(10大会連続14度目) ドイツ(16大会連続18度目) ベルギー(3大会ぶり12度目) スイス(3大会連続10度目) オランダ(3大会連続10度目) イタリア(14大会連続18度目) イングランド(5大会連続14度目) ポルトガル(4大会連続6度目) ギリシャ(2大会連続3度目) ボスニア・ヘルツェゴビナ(初出場) クロアチア(2大会ぶり4度目) ロシア(3大会ぶり3度目) フランス(5大会連続14度目)

南米
ブラジル(20大会連続20度目) アルゼンチン(11大会連続16度目) コロンビア(4大会ぶり5度目) ウルグアイ(2大会連続12度目) チリ(2大会連続9度目) エクアドル(2大会ぶり3度目)

アフリカ
コートジボワール(3大会連続3度目) ガーナ(3大会連続3度目) アルジェリア(2大会連続4度目) ナイジェリア(2大会連続5度目) カメルーン(2大会連続7度目)

北中米カリブ海
米国(7大会連続10度目) メキシコ(6大会連続15度目) コスタリカ(2大会ぶり4度目) ホンジュラス(2大会連続3度目)

投稿者 btctkt : 15:56 | コメント (0)

2010年07月20日

ヨハネスブルク観戦記2010

1年ぶりにやってきた南アフリカ、ヨハネスブルクです。大会開幕前は相変わらずマスコミの論調は世界一危険な都市、レイプが何秒に1件起きている等々のネガティブキャンペーン一辺倒でしたがワールドカップが開幕し日本代表がカメルーン戦での勝利で波に乗って来ると少しづつ違った面を伝える報道も増えてきました。

百聞は一見にしかず、昨年の南ア訪問で危険なエリア、してはいけない行動等をきちんと理解していましたし2度目の訪問でしたので比較的余裕を持ってのヨハネスブルク入りとなりました。また昨年はチャーターのクルマも使用したのですが今年はレンタカーの使用に切り替えて移動することにしました。またサントンの一流ホテルもとても予約が取れる状態ではなかったため出来る限り安全そうなモーテルを予約しての旅となりました。

SA-DEPT.jpg
出発前の香港国際空港での南アフリカ航空出発ゲート


SA-ARRIV.jpg
南アフリカORタンボ国際空港のワールドカップ版コカコーラの宣伝ボード

香港から搭乗した南アフリカ航空は2度目のフライト。昨年はケープタウンからロンドン・ヒースローまで乗ったのですがアフリカを全く感じさせない良くも悪くも欧米のキャリアと全く同様のレベルのキャリアです。ただシートピッチの長さは世界トップクラスということで比較的疲れを感じさせない移動となりました。

ORT-TKT.jpg
ORタンボ国際空港2階の発券機でワールドカップチケットを入手


ORT-CAR.jpg
レンタカーの手続きを終えていざヨハネスブルクの町へ出発

南アフリカORタンボ国際空港に到着すると先ず2階にある自動発券機でワールドカップのチケットを入手しました。全く混雑しておらず余裕の発券となりました。そしてレンタカーの手続きを行いいよいよヨハネスブルクの町へ出発です。一番小さなタイプのクルマを予約していましたが今回はトヨタヴィッツ(現地名はヤリス)。滞在中は特に不安も不満も感じないしっかりとした走りで私たちをサポートしてくれました。

ORT-CAR2.jpg
今回非常に役立ったGARMIN社製のGPS


そして今回大きな威力と安心感を与えてくれたのがGARMIN社製のGPS(カーナビ)と南アフリカの地図ソフトでした。以前より欧州では使用していてその信頼性は確認していましたが(以前の記事はこちらを参照)危険なエリアもあるヨハネスブルクですから迷ったりした時には大変重宝させて頂きました。


ORT-CAR3.jpg
ヨハネスブルクの高速道路を走行中


JNB-HTL.jpg
今回宿泊したノースサントンにあるモーテル


JNB-HTL2.jpg
フォーミュラー1モーテルの内部


今回の宿泊はヨーロッパにもあるモーテルチェーン「フォーミュラー1モーテル」。何も気の利いたものはありませんが安全なノースサントンのエリアにありシャワー、テレビ、WIFI、エアコンといった装備があり全く問題はありませんでした。敷地内にレンタカーも無料で駐車出来ますからそういう点ではとても使いやすく安全なモーテルでした。ショッピングモールがあり観光客も大勢集まるネルソンマンデラスクエアも比較的近くにありクルマを使えば容易にアクセス出来ました。モーテルは空港近くやダウンタウン他にもチェーン店がありますがダウンタウン等のエリアにある施設については治安の面に十分注意が必要です。


JNB-CAR3.jpg
試合当日はパーク&ライドへ、駐車後にミニバンでスタジアムへ


JNB-CAR2.jpg
いくつかあるパーク&ライドの場所を間違わないように腕に大きなはんこを押される

試合当日スタジアムへは直接クルマで行けないためいくつか指定されたパーク&ライドへ向かいます。ヨハネスブルクの場合は予め自分の都合の良い場所をチョイスのうえ駐車券を購入する必要がありましたので私たちも一番近そうな場所をインターネットで予約し向かいました。

駐車を終えると早速待機しているミニバンでスタジアム近くまで移動。このパーク&ライド、スタジアムともに試合開始の4時間前からオープンしますがかなり混雑するため私たちはここへ4時間前に到着することを目指してホテルを出発。但しあまりに順調に到着したためスタジアムでショッピングや食事をするもかなり時間をもてあましました。

FNB1-1.jpg
この日の試合会場「サッカーシティースタジアム」の遠景


FNB1-2.jpg
昨年は完成前に外観だけ見た「サッカーシティースタジアム」でしたが


順調にスタジアム前に到着したためスタジアムの開門まで多少の時間待たされました。入場後にはオフィシャルショップや軽く食事をして時間を過ごすも結果的にはかなりの時間をもて余してしまいました。それでも余裕を持った出発はやはり焦って事故を起こしたり事故に巻き込まれたりしないためにも重要です。

FNB-1.jpg
夕暮れのサッカーシティースタジアム内部


FNB2.jpg
試合終了後のサッカーシティースタジアム

昨年は同じヨハネスブルクにあるエリスパーク、プレトリアのロフタス・ヴァースフェルド・スタジアムで観戦しましたがこれらはラグビーでも使用される伝統のスタジアムでした。今回のサッカーシティーは新設のスタジアムでもあり広々とした敷地に真新しい設備と本当に気持ちの良いスタジアムでした。試合は20時30分からの開始。試合が終わればもう23時過ぎとなり急いでホテルへ向けて帰ります。それでも帰り着いたら0時過ぎでした。


JNB-CAR1.jpg
試合終了後はもう11時過ぎ、急ぎホテルへ帰ります

さてこの大会で最もヒットした商品はもうお馴染みのブブゼラ。去年は地元の人でも持っていたりいなかったりでしたが今回はもう皆が持参しているという感じ。私も息子に頼まれお土産で買いましたが空港にいる観光客の多くがこのブブゼラを持っていたのが本当に印象的でした。そして今回は行きませんでしたが昨年行ったケープタウンは本当に素晴らしい観光の町でした。行きそびれた場所もありますのでまた次回ラグビーワールドカップが開催される時や招致に乗り出すと噂されているオリンピックには再び訪れてみたいと強く心に思いました。

SA-FINALDAY.jpg
ORタンボ国際空港のおみやげ屋さんでもジャージにブブゼラが大人気

投稿者 btctkt : 15:35 | コメント (0)

2010年07月12日

W杯はスペインが悲願の初優勝

W杯南アフリカ大会はスペインがオランダを下して悲願の初優勝を果たしました。7/11に行われた試合は両者得点無く延長へ突入。そして延長後半11分にスペインはイニエスタがゴールを決めこれが決勝点となりました。オランダは決定的なチャンスをGKカシージャスに阻まれるなど得点を決められませんでした。終盤はイエローカードの飛び交う荒れた試合となり延長後半4分にはオランダのヨンヘイティンガが2枚目のイエローで退場となり一人少ないなか得点を許してしまいオランダにとっては悔やまれる試合となりました。

これより先の7/10の3位決定戦は大雨のポートエリザベスで行われました。ドイツ対ウルグアイの一戦はドイツが前半19分にミュラーの今大会5点目となるゴールで先制します。対するウルグアイもカバーニがゴールを決めて前半を1-1とします。後半に入り6分にウルグアイはフォルランがボレーシュートが決まり逆転。しかしここからドイツはその力強さを発揮し11分にヤンセンがヘディングシュートを決めて同点、37分にもケディラが決めて3-2とします。ウルグアイも同点を狙って猛攻を仕掛けますが追加点を挙げられず試合はこのまま3-2でドイツが勝利しました。

1ヶ月に渡る大会もこれで全ての日程が終了、大会MVPにはウルグアイを4位へ躍進させたフォルランが獲得しました。次回2014年ワールドカップブラジル大会までしばしの休息です。

投稿者 btctkt : 08:57 | コメント (0)

2010年07月05日

W杯いよいよベスト4 が激突

2010 fifaワールドカップ南アフリカ大会のベスト4が出揃いました。準々決勝でブラジルを敗ったオランダはウルグアイと7/06にケープタウンで、そして世代交代が成功し今大会の強豪のなかで最も勢いのあるドイツはスペインとダーバンで対戦します。

その陰で敗戦の各チームも新たな目標に向かって出発を始めます。ブラジルサッカー連盟はドゥンガ監督を含む同国代表チームのコーチングスタッフの解任を発表。新監督のもとでの体制作りをスタートさせています。日本、韓国も新監督の人選を開始しているようですが今後の動向に注目です。

現在ヨハネスブルク滞在中ですがあまりインターネット環境が良くないためまた滞在中の様子は帰国後に順次お知らせしてまいります。ツイッターからのつぶやきはこちら。

投稿者 btctkt : 11:21 | コメント (0)

2010年06月30日

W杯8強出揃う

ワールドカップは6/29に決勝トーナメント1回戦最後となる2試合を行い日本はプレトリアのロフタス・バースフェルドスタジアムでパラグアイと対戦しました。0-0のまま延長でも決着がつかず今大会初のPK戦となりましたが3-5で日本が敗れ史上初のベスト8進出はなりませんでした。

そしてもう1試合、スペイン対ポルトガルはスペインが後半18分にパスを受けたビジャがシュート、これをGKが弾いたところを再び詰めたビジャが押し込んで先制。これが決勝点となり1-0でスペインがポルトガルを下しベスト8進出です。これで全ての8強が出揃い準々決勝が行われます。

準々決勝
7/02 16:00 @Port Elizabeth (オランダ v ブラジル)
7/02 20:30 @Soccer City(ウルグアイ v ガーナ)
7/03 16:00 Cape Town (アルゼンチン v ドイツ)
7/03 20:30 @Ellis Park (パラグアイ v スペイン)

投稿者 btctkt : 06:36 | コメント (0)

2010年06月22日

ヨハネの空は青かった 第23回 大渋滞

日本はオランダ戦、残念ながら惜敗しました。最終のデンマーク戦で決勝トーナメント進出をかけて戦います。お隣韓国は今夜1次リーグ最終戦のナイジェリア戦を行います。日本共々勝って16強へ進んで欲しいと願っております。

そしてお客様のなかには決勝トーナメントを目指してこれからご出発される方も大変多くいらっしゃるようです。私もこれからヨハネスブルクへ向かいます。決勝トーナメントをご覧の方は面倒な地方への移動を避けヨハネスブルクでの滞在のみの方がほとんどのようです。

ヨハネスブルク滞在中の別のスタッフによればワールドカップ期間はそれはそれは大変な大渋滞のようです。もちろん試合のある日はこの傾向が顕著で本当に余裕を持って出かけませんと遅れて見れないといった事も実際におこっているようですので十分ご注意下さい。パーク&ライドもスタジアムも試合開始の4時間前がオープンです。これを目指すくらいの感覚でご出発下さい。

また前回お伝えしたようにヨハネスブルクのパーク&ライドは前もっての駐車券の購入が必要です。行ってから買う事は出来ません。事前購入が必須ですのでこちらもご注意下さい。パーク&ライドの詳細は前回の記事を参照下さい。

投稿者 btctkt : 14:05 | コメント (0)

2010年06月14日

ヨハネの空は青かった 第22回 パーク&ライド2

wc2010-tkt54.jpg
ワールドカップ南アフリカ大会チケット

今夜は待ちに待った日本戦ですね。カメルーンとの初戦ですが何とか勝利をものにして1次リーグ突破に一歩でも近付いて欲しいと願っています。韓国の対ギリシャ戦のように格上ながら何が起こるか分からないのがワールドカップです。大いに期待をしています。さて今日の話題はパーク&ライドです。以前コンフェデ時のパーク&ライドの様子についてお知らせしましたが今回はヨハネスブルクを例にしてご案内して参ります。

ツアーで参加の皆様や宿泊先からのバス等のある方は何ら心配はありませんが個人で行かれる方にとっては会場までの足は最も重要なポイントです。先ず公共交通機関ですがヨハネスブルクの場合はBRT-Rea Vaya BusMetro Railが利用可能です。ただし基点となるのはダウンタウンにあるWest Gate Stationでもあり治安の不安が大いにあるためお勧め出来ません。

個人で行かれる場合の多くがレンタカーでの移動と思います。但し招待客のような超VIP以外はスタジアムへ直接行くことが出来ません。私たちが利用出来るのはパーク&ライド又はパーク&ウォークのいずれかの方法となります。最も注意が必要なのはこの時駐車券が必要な点です。前日までに必ず購入する必要がありますのでまだ手配されていない皆様は当日券はありませんので早めにオンライン(ticketbreak.co.za)でご予約をして下さい。

そしてそのパーク&ライド(又はウォーク)にはいくつかの場所がありますのでご自身が最も便利な場所をチョイスして予約する必要がございます。(試合が近くなると当然希望の場所が完売という可能性もあると思います)のでご注意下さい。またパーク&ウォークがスタジアムに近い訳でもないようですので地図でしっかりとご確認のうえご予約下さい。各スタジアムでのパークポイントを参考までにご案内します。

【FNBスタジアム(サッカーシティー)】
*クリックでパークポイント情報ページへジャンプします
1)CONHIL PARK & RIDE
2)GOLD REEF PARK & RIDE
3)WITS CAMPUS PARK & RIDE
4)RAND SHOW ROAD PARK & WALK
5)AEROTON PARK & WALK
6)SHAREWORLD PARK & WALK

【エリスパーク】
*クリックでパークポイント情報ページへジャンプします
1)CONHIL PARK & RIDE
2)GOLD REEF PARK & RIDE
3)WITS CAMPUS PARK & RIDE
4)BEZ VALLEY PARK & RIDE
5)ATHLONE BOYS PARK & WALK

13時半キックオフの試合はあるものの16時、20時半の試合となれば終了した時は当然夜となっていますので特に不安にお思いの方は早めにご希望のエリアの駐車券を手配して下さい。

投稿者 btctkt : 14:31 | コメント (0)

2010年06月12日

ワールドカップ南アフリカ大会が開幕 

2010年ワールドカップ南アフリカ大会が遂に開幕しました。開幕戦となった南アフリカ対メキシコは前半早いパス回しから再三の好機を作り出したメキシコが試合の流れを造りますが得点はなりません。

逆にピンチをしのいだ南アフリカは後半9分にカウンターからチャバララがゴールを決めて先制。南アフリカはこれでリズムを掴み追加点のチャンスを作り出します。劣勢となったメキシコは何度も危ない場面がありましたがこれを何とか守り切り反撃のチャンスを伺います。そして遂に34分にマルケスがゴールを決めて同点。試合はこのまま終了し開幕戦は1-1の引分けで終わりました。

本日第2戦がこの後にウルグアイ対フランスの対戦でケープタウンで20時30分より行われます。ワールドカップは7月11日までの1ヶ月間南アフリカ9都市、10会場で熱戦が繰り広げられます。

投稿者 btctkt : 01:25 | コメント (0)

2010年06月11日

ワールドカップ2010 本日開幕

WC2010.JPG

盛り上がらない大会と散々揶揄された報道がされていましたがいよいよ本日2010年ワールドカップ南アフリカ大会が開幕を迎えます。開幕を前に何だかわくわく、ぞくぞくするものが込み上げてきています。開幕戦は現地時間の16時よりホスト国の南アフリカ対メキシコの試合がヨハネスブルクのサッカーシティーで行われます。又夜の8時30分からはケープタウンでウルグアイ対フランス戦が行われます。

心配される治安も開幕に合わせて改善されつつあるとの報道もある一方で、さかんにTVクルーが強盗に会った等々の報道もなされています。私たちの会社のスタッフをはじめ渡航される皆様はルールを守って安全な観戦を心掛けていくことが重要です。

そして日本代表は昨日6/10にキャンプ地ジョージで南アW杯前最後となる実戦練習をジンバブエと行いました。30分を3本という変則的な形で行った試合は1本目を主力が出場。予想されるワントップの本田選手、フランスでアフリカ人選手を相手にプレーすることに慣れている松井選手等が出場し調整を行いました。2本目には岡崎選手、中村俊輔選手等が登場し調整を行いました。この日も練習ながら無得点で終わった日本、なかなか結果が上がらない岡田監督ではありますが残すはW杯本番の試合となりました。初戦カメルーン戦に全力を投入し勝ち点3を必ずやゲットして欲しいと願っています。

投稿者 btctkt : 09:44 | コメント (0)

2010年05月20日

ヨハネの空は青かった 第21回 プラグ形状

いよいよ今週末に行われる欧州チャンピオンズリーグが終わればあとはワールドカップ一色となります。悲喜こもごもありますが各国代表も次々と発表されています。早々と発表した日本代表ですがワールドカップでは各対戦相手に一泡吹かせたいところです。さて今回は南アフリカのプラグの形状についての話題です。

SA PLUG-1.jpg

昨年訪れた際に現地で購入したのが写真にある変換プラグです。どこへ行ってもだいたいは何種類かがセットになったものを持参して事足りるのですが南アフリカでも同様に考えていました。

SA PLUG-2.jpg

ところが現地へ行ってみると持参のものが使えなくもないのですがどうもしっくりこなかったり、時間が経つと何となく緩んできたりし使い勝手が悪く結局は近くのショッピングモールで探すことにしました。

デジタル家電を置くようなお店で見つけて購入したのですが結構なお値段していました。まーもっともなことで地元の人が必要なものではありませんので。時間に余裕のある方は日本でも売っているようですので購入されて行かれた方が良いかもしれません。

SA PLUG-3.jpg

投稿者 btctkt : 15:42 | コメント (0)

2010年05月07日

ヨハネの空は青かった 第20回 個人旅行

ORTAMBO.jpg
歓迎ムードのヨハネスブルクORタンボ国際空港

最近新聞紙上やネットのニュースでもW杯での旅行手配のトラブル(詐欺の疑いが強いようですが)の記事が頻繁に載っているようですね。詳細を把握している訳でもありませんし感想を言う立場でもありませんが被害に遭われた皆様にはお気の毒というより他に言葉が見つかりません。ただ少なくとも日本国内のランドオペレーターであればOTOA、旅行会社であればJATA等の業界団体に加盟している業者がほとんどですので必ず目安にして頂ければと思います。

さて私たちのようなチケット業者の立場から言えば今回のW杯はビジネスにならないくらいチケットが入手しやすい大会でもありますし旅行会社の立場から言えば手配が非常に難しくまた高額なため売りにくい、売れない大会でもあるようです。

先日個人的に手配を手伝った友人もよくよく聞いて見ると弾丸ツアーも希望の安いものが完売になっていただけでツアー自体は探せばいくらでもあるというのが真実のようです。チケットはある。休みも何とか出来る。でも南アフリカは遠いし、治安も悪いと聞くし、実際にタクシーか、レンタカーでも借りなければ移動もままならない。しかも旅費は高い。こんな理由から現地へ行かれるのを迷っている方も多いようです。

行くか行かないかはもちろん個人で決めることですが、ただこれだけは言えることは初めて海外へ行かれる方が個人旅行で行くような場所ではないということです。行ったら何とかなる、ホテルは予約していかないというような考えは捨てられた方が良いと思います。またグループで行かれるような場合でも個人手配の場合はついつい人数にまかせて油断されないように、特に夜間はご注意下さい。

現地へ行かれる場合でも日本国内で観戦される場合でも楽しく安全に応援することが最優先です。日本代表は今一つ期待感が持てないというサポーターも多いようですが何とか少しでも活躍が出来るようにしっかりと応援したいと思っています。

投稿者 btctkt : 10:34 | コメント (0)

2010年04月24日

ヨハネの空は青かった 第19回 まだ間に合います

JNB-ARPT.jpg
ヨハネスブルクの国際空港のショップもW杯一色

先日久しぶりにあった友人が観戦チケットは余っているみたいだし一度くらいはワールドカップに行きたいんだけど弾丸ツアーは満席、日本からの航空券も取れないんだとの相談。早速いろいろと調べてみましたが意外や意外、ヨハネスブルク行きの航空券って結構空席があるんですねえ~。

某検索サイトの格安航空券の販売サイトから旅程に合うものを探し問い合わせをしたのですがこれはいずれも満席とのこと。やっぱり空いてないかあと思いながらも香港やバンコクからの空席を調べるとこれって結構空いているんです。ちょっとびっくりするくらいに。

満席とは言え日本からの航空券はブッキングクラスが低いようで同じエコノミーでも海外からのブッキングクラスの高い航空券はまだまだ余裕があるようです。日本から一番乗り継ぎやすい香港からの南アフリカ航空やキャセイパシフィック航空でさえ空席が実際にまだ結構あるようです。

但し注意が必要なのが1次リーグの期間中の航空券は空席があってもかなり高額となります。それよりもベスト16以降の試合を目指して旅程を組んだ方が良いようです。くだんの友人ですが結局会社が休める期間にも限りがあるため準々決勝を1試合観戦するプランを立て南アフリカ航空のオンラインサイトで予約。ヨハネスブルク2泊3日で渡航することが決定。ちなみに香港からの航空券は税込み12万円少々でした。

ホテルも一時に比べるとかなり空室が出てきているようです。もう諦めていた方、散々チェックしても空きが見つからなかった皆様も今一度ご検討されてはいかがでしょうか。スカパーで観戦も良いのですが生観戦のあの雰囲気は行ってみないと味わえません!これほんとです。

投稿者 btctkt : 17:19 | コメント (0)

2010年04月13日

ヨハネの空は青かった 第18回 確認書の到着

WC2010-TKT1.jpg

いよいよワールドカップ南アフリカ大会のチケット購入者へ予約確認書が発送され始めました。私の手元にも待望の郵便物が届きました。早速封筒を開けてみると確認書に加えチケット受け取りの手順等が記してあるガイドブック、南アフリカの大手通信会社MTNのSIMカード等が入っていました。SIMカードはSIMロックフリーの携帯電話をお持ちの方であれば使用可能ですがもちろん使用開始時には料金をチャージしませんと使用が出来ません。

WC2010-TKT2.jpg

実際に確認書を受け取ってみますとまだまだ先だと思っていたワールドカップでしたがもうあと2ヶ月で開幕となったことが実感出来ます。日本をはじめとするアジア各国のワールドカップでの活躍に大いに期待したいところです。そしてチケットを購入された方でまだ旅行準備がお済みでない方がいらっしゃるようであれば急ぎ準備されることをお勧め致します。

また4/15からはFIFAの第5次販売が開始されました。売れ残りが危惧された大会でしたが南アフリカでの窓口販売を開始したことにより購入希望者が殺到。23試合が一挙に完売となったようです。空席だらけの試合が心配されましたが開催国の事情に合わせた販売方法の追加で心配は杞憂に終わりそうです。

投稿者 btctkt : 13:50 | コメント (0)

2010年03月12日

ヨハネの空は青かった 第17回 TG運行再開

LION-1.JPG

長らく運休となっていたタイ航空のバンコクーヨハネスブルク線ですが5/17より週4便で運行が再開となりました。現在まだ一部の日付で予約が可能なようですのでお早めにチェックされることをお勧めします。

私たちを苦しめた南アフリカへのフライトですがこれで多少は予約が取り易くなれば良いのですがどうなるでしょうか。隣国へ滞在したり、比較的近い国から移動といったことも出来にくい南アフリカへの旅行はホテルを含め本当に苦労しています。

中には観戦チケットはあっても既にこれらの手配が出来なかったり、出来ても高額過ぎて渡航を諦めた方もいらっしゃるようです。安くて安全で臨機応変な旅行に慣れた私たちにとっては厳しい現実はまだまだ続きそうです。

さて南アフリカと言えばライオン、象に縞馬がそこいら中にいると想像されている方も多いと思いますが都市部は本当に都会でジャングル大帝に出てくるような光景を見ることは出来ません。写真の子供のライオンもヨハネスブルク郊外のライオンパークまでわざわざ行って見て来た時のものです。まだ肉を食べない小さなライオンだけ抱いたり、触ったりすることが出来ます。

投稿者 btctkt : 15:30 | コメント (0)

2010年01月14日

ヨハネの空は青かった 第16回 地図が読めない私

「話を聞かない男、地図が読めない女」というベストセラーがありましたが嫁に言わせるとさしずめ私は話も聞かない、地図も読めない男だそうです。地図を見ながら西、東といったことは全く出来ません。方向音痴では断じてないと勝手に思いこんでいますが初めての場所を地図を見ながら探し出すといった能力には欠けております。

特に海外では深夜の到着にも関わらず場所が分からず困り果てた経験多数、延々何十分もホテルを探し回った経験数知れずといった具合です。

s.africa-drive-1.jpg
愛用のガーミン社製ナビと新しく導入した南アフリカの地図ソフト


鋭い第六感と奇跡の手助けで何とか切り抜けてきた私ですがこの逸品を見つけてからは正に生まれ変わりました、ほんと!その逸品とはポータブルカーナビ。海外の店頭で見るとカーナビというより登山やサイクリング、バイク等で使用するGPSという位置づけのようですが私の使用するガーミンNUVI-205もそうした商品のなかの一つです。日本で購入すれば国内の地図ソフトが内蔵され直ぐに使用可能です。イエローハットなんかにも置いてありセールの時期ですと2万円を切る価格帯で販売されています。

このガーミン社製の凄いところは国内はもちろんのこと別売りのmicroSDの地図ソフトを購入すると世界中で使用出来るところ。しかも日本語音声でナビしてくれますから至れり尽くせりです。そしてクルマでも自転車でも徒歩でも利用出来る汎用性も素晴らしい!

今までヨーロッパを中心に使ってきたのですが今回ワールドカップのために南アフリカの地図ソフトを新規導入し準備万端です。読めないとはいえ念のため南アフリカの地図も持っていきますが予めいろいろな場面を想定して準備しておけばより心強いのは言うまでもありません。

公共交通機関が少なく移動の足の確保が難しい南アフリカですから特にレンタカーを利用される皆様にはお勧め出来るかもしれません。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 16:27 | コメント (0)

2010年01月05日

2010年ワールドカップイヤーの幕開け

新年明けましておめでとうございます。2010年、いよいよワールドカップイヤーの到来ですね。

今大会は南アフリカでの開催。多くのファンが日本戦だけでなく、イングランド、スペイン、ブラジル等の強豪の各試合に駆けつけることと思います。

green-point1.jpg
ホテルから見たケープタウンのグリーンポイントスタジアム


治安の問題、ホテルの問題等特に今回騒がれていますが予めの準備を欠かさず、ルールを守って自己防衛される方にしてみれば「それほど恐れずに足らず」といったところでしょうか。ただ準備なしに思いつきで行かれ無防備で徒歩でうろうろと言ったことはないようにくれぐれもご注意下さいね。


green-point2.jpg
グリーンポイントスタジアム前の工事現場の看板前で


そして間もなく日本サッカー協会の抽選販売の結果も発表されるようです。新春一番に幸運を掴まれる方が決して少なくないように我々スタッフ一同もお祈りしております。FIFAの方の3次販売は引き続き申し込み受付中です。もちろん抽選ではありますが協会枠にはずれた方は急ぎこちらにもトライされることをお勧め致します。


green-point3.jpg
グリーンポイントスタジアム前で


★南アフリカワールドカップのチケットをお探しなら先ずは当社「ワールドカップチケット情報」をご参照のうえご検討下さい。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 13:39 | コメント (0)

2009年12月14日

ヨハネの空は青かった 第15回 観光とホテル

CAPETOWN-1.jpg
ライオンヘッド

さてもちろん私たちも大会期間中には南アフリカへ滞在するのですが何と言っても一番苦労しているのがホテルの確保です。コンフェデの時とは打って変わって価格は高い、希望のホテルは満室、ホテルからの移動のための足の確保等々苦労の連続です。一応仮押さえはしているもののもっと便利で格上のホテルはないか常ににチェックしている状態です。

CAPETOWN-2.jpg
ウォーターフロント

もちろん南アフリカでのワールドカップ観戦をお考えの皆様も既にホテル確保で苦労されていることと思います。もしもチケットから予約と思っている方がいらっしゃればチケットよりも先ずはホテルの予約をされることを強くお勧めします。限られたホテル数しかない南アフリカですし世界中から観戦に訪れる訳ですからチケットよりもホテル予約が何十倍も難しくなります。

CAPETOWN-3.jpg
喜望峰、ルックアウトポイント

また景気悪化に伴う路線の縮小でタイ航空、中国東方航空等の路線が運休となっています。アジアからですと限られたルートでもあり、シンガポール航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空にお客様が集中するためこちらも早期にご予約されることをお勧めします。

CAPETOWN-4.jpg
ボルダーズビーチ

サッカー観戦だけを考えると大変遠い南アフリカです。しかし観光素材には本当に素晴らしいものがあります。せっかくのご滞在ですので南アフリカへ行かれる皆様はぜひとも観光の時間も確保されてはいかがでしょうか。南アフリカの素晴らしさに圧巻されることは間違いないでしょう。今回はケープタウンから行ける観光スポットのいくつかを写真で掲載致しました。

投稿者 btctkt : 17:53 | コメント (0)

2009年12月11日

明日から日本戦の申し込み受付け開始

wc2006-japan.jpg
ドイツワールドカップ、対クロアチア戦前のサポーター風景

日本サッカー協会は明日12月12日よりワールドカップ南アフリカ大会の日本代表戦のチケット販売を抽選で行います。1次リーグ3試合は88ドルで合計1万2000枚余りを発売します。出場国枠チケットで12日正午から21日正午までインターネット、郵便、ファクスでの申し込みとなります。

また決勝トーナメント分の申し込みも可能で1次リーグ敗退となった場合は手数料へ引き返金となります。日本戦を観戦される予定の方はぜひとも申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

投稿者 btctkt : 14:20 | コメント (0)

2009年12月09日

ヨハネの空は青かった  第14回再び治安の話

ヨハネの空は青かったの14回目です。このシリーズで一番始めにお伝えしたのがたしか治安のことでした。ワールドカップの組合せ抽選も終わりぼつぼつとこの話題に関するお問い合せも出てきたので今一度この治安についてのお話しをしようと思います。

南アフリカへ行く前の私は今の皆さんと全く同じ状態でした。凶悪な犯罪都市、希に見るレイプ都市、武装強盗が頻発する.....等々それは真っ黒のイメージでした。ところが実際に行った南アフリカのイメージはそれだけではない欧米の都市と同じ雰囲気でした。ヨハネスブルクの晴れたお天気と南アフリカの実際の素晴らしさを目の当たりにしてこのシリーズのタイトル「ヨハネの空は青かった」とさせて頂いたのでした。

CAPEGOD.jpg
ケープポイントの前で記念写真を撮る欧米からの観光客の皆さん

南アフリカと言えば動物、サファリ、アパルトヘイト、貧困そして危険、マスコミの報道と相まって動物以外は正に地獄の様相です。実際の南アフリカは近代的な都市、快適なリゾートの数々、優しく親切な人々というのが私が体験した南アフリカでした。もちろん決してそれだけではないのもまた南アフリカの真実かもしれません。

しかし決してしてはいけないような「危険なエリアを一人で歩く」、「夜間の単独行動」、また「無防備な(高価なデジカメや携帯電話等の観光地以外での目立つ場所での露出)行動」等細心の注意を払えば危険な場面を極力排除することは可能と思います。特に国民性として歩きたがりの側面や節約のために歩くといった行動は否めませんから注意が必要です。

実際にいろいろな観光スポットへ行くと大勢の欧米からの観光客の皆さんが旅行を楽しんでいらっしゃいますし、またその観光素材の素晴らしさには私たちも感動するばかりでした。サッカーだけの目的で南アフリカへ訪れる方も多いと思いますがぜひこのチャンスに観光も合わせて楽しんで頂けたらと思っています。

最後に先日読んだ「Number」誌に中澤佑二選手の連載のコラムが載っていましたが親善試合で訪れた南アフリカは遠かったけれど何も問題なかった云々とコメントされていました。興味がある方はワールドカップ出場国の記事と一緒にぜひともご一読下さい。

★南アフリカワールドカップのチケットをお探しなら先ずは当社「ワールドカップチケット情報」をご参照のうえご検討下さい。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 10:11 | コメント (0)

2009年12月05日

南アフリカワールドカップ組合せ抽選

JNB-1.jpg
ヨハネスブルク ネルソンマンデラスクエア

2010年ワールドカップ南アフリカ大会の1次リーグ組み合わせ抽選が12/04に南アフリカのケープタウンで行われました。日本はオランダ、カメルーン、デンマークと同じE組となりました。日本の初戦は6/14にブルームフォンテーンでカメルーンとの試合、6/19にダーバンでオランダ戦、6/24にはルステンブルクでデンマークとの対戦です。韓国はアルゼンチン、ナイジェリア、ギリシャと同じB組。6/12にギリシャとの初戦、6/18にアルゼンチン戦、6/23にナイジェリアと第3戦を戦います。北朝鮮はブラジル、コートジボアール、ポルトガルと同じG組。6/15に優勝候補のブラジルとの初戦、 6/21にCロナウドのいるポルトガルとの対戦、6/25にコートジボアールと第3戦を戦います。日本、韓国、北朝鮮といずれも厳しい戦いを強いられることとなりそうです。

そして日本サッカー協会は日本代表のワールドカップ直前キャンプをスイスのザースフェーで行う見込みであると発表しています。5月に入り2週間程度の合宿を行いこの間シード国となった強豪2チームと強化試合をする予定です。このザースフェーは標高1800メートルのスキーリゾートでモナミアフリカでの初戦の会場となるブルームフォンテーン、ルステンブルクが標高1000メートル以上のためこの対策となる合宿地となります。大会直前に南アフリカのベースキャンプ地となるジョージへ入る予定です。

★南アフリカワールドカップのチケットをお探しなら先ずは当社「ワールドカップチケット情報」をご参照のうえご検討下さい。

投稿者 btctkt : 17:17 | コメント (0)

2009年11月21日

ヨハネの空は青かった  第13回チケット引換

ワールドカップの全ての出場国が決定しました。いよいよ12月には組合せ抽選が行われます。本当に待ち遠しい限りです。

さて私たちが南アフリカへ入国をして最初に感じたのは危険、犯罪が多い、世界一危険な都市等々の形容で語られる南アフリカの先入観とは違い、南アフリカの本当の姿はそればかりではないという事でした。親切でとても素晴らしい人々、近代的なビル群、大自然に育まれた素晴らしい観光地。治安が悪いという事も含めそのどれもが南アフリカの姿であろうと思います。ただ報道されているのとは違い十分に注意しながらの旅行は一度の危険も感じず、他の欧米の都市同様ルールさえ守れば危険は回避出来るというのが率直な感想でした。

collect-1.jpg
チケットセンター入口

そして入国初日、先ずはチケットの引き換えにコンフェデレーションズカップのヨハネスブルクのチケットセンターへ向かいました。予め郵送されたコンファメーションスリップ(予約確認書)を持参すると係員から決済に使ったクレジットカードとパスポートの提示を求められました。これに応じると数分後には観戦予定のチケットがあっという間にプリントアウトされて出てきました。

collect-2.jpg
オープンを待つ地元のサッカーファン

サントン地区のヒルトンホテルにほど近いチケットセンターには外国人とおぼしき旅行者は私たちだけのようでした。残りは地元のファンが観戦したい試合のチケットを購入するためにセンターへ訪れていたもので今回の大会に関しては外国人ファンの人気はそう高くないと実感しました。欧州からも東南アジアからも、南米からも遠いというのがその一番の理由ではないかと思われます。

collect-3.jpg
セルフ式のチケット発券機

写真でもお分かりと思いますがセルフ式のプリントアウトを行う機会も設置されていました。この時は使われていませんでしたが本大会で本格的に使用するためのものではないかと思われます。

collect-4.jpg
チケットセンター内部の様子

本大会ではどのような形でのチケット配送が行われるかは分かりませんがコンフェデ同様に南アフリカ国内のチケットセンターへ出向いて受け取る方法が有力だと思われます。ただ世界中のファンが集まるビッグイベントですからどのような形にしろスムースな方式が採用されることを切に望みます。

投稿者 btctkt : 08:15 | コメント (0)

2009年11月08日

ヨハネの空は青かった 第12回 パーク&ライド

久しぶりの「ヨハネの空は青かった」となってしまいました。さてコンフェデはワールドカップのテストの意味合いもあると言いますがスタジアムへの輸送についてもスムースに行くか、トラブルはないか等をチェックする重要な場となったようです。

今回スタジアムへのアクセスで採用されたのはパーク&ライドです。大きな大会ではいずれもこのシステムが採用されています。先ずはスタジアム周辺の指定の場所を駐車場として観客を分散させます。この駐車場からスタジアムまでシャトル便で行き来させるというものです。

P&R-1.jpg

プレトリアのスタジアムへ行く際利用しただだ広い駐車場が上の写真です。バスのなかから撮ったもので反射していて見難いのですがまだ時間が早かったせいかそれ程の混雑はしませんでした。

P&R-2.jpg

私たちはスポーツユニオンという名前の駐車場を利用しましたが他にも3~4ヶ所の駐車場があったようです。ちなみに前の試合のあったエリスパークではクルマを停めた駐車場の名前を忘れてちょっとびびりましたので皆さんはお忘れないように覚えておいて下さい。

P&R-3.jpg

今回乗ったのは白い何の変哲もない普通のバス。どちらかと言えば内部はスクールバスといった風情でした。もちろん行きよりも人が集中する帰りの方が混雑しますので試合終了後素早く帰路につくか、或いは逆に余韻を楽しみながらゆっくり帰るかのどちらかが良いと思います。

P&R-4.jpg

帰りは行きに降りた場所で待っていると次々とバスがやってきますのでこれに乗って駐車場へ向かいます。ただその時々にバスの出発場所が変わる可能性がありますので先の駐車場の名前をしっかりと覚えておいた方がやはり安心と思います。

投稿者 btctkt : 16:39 | コメント (0)

2009年10月20日

W杯欧州予選 プレーオフ組合せが決定

欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選が10月19日にスイスのチューリヒで行われました。前回大会準優勝ながら苦戦続きのフランスはアイルランドとの対戦が決定。同様に苦しい予選が続き何とか2位へ滑り込んだポルトガルはボスニア・ヘルツェゴビナとの対戦です。ウクライナはギリシャとの対戦、そしてヒディング監督率いるロシアはスロベニアとの対戦が決定です。

試合はホームアンドアウェー方式で行われアイルランド、ポルトガル、ギリシャ、ロシアがホームでの初戦となります。プレーオフではいずれも決して簡単に勝利出来る試合はなさそうです。死闘と呼ぶに相応しい試合の連続となりそうな気配です。

★ワールドカップ欧州予選の更に詳しい情報は当社「2010年ワールドカップ南アフリカ大会欧州予選情報」をご覧下さいませ。

投稿者 btctkt : 07:40 | コメント (0)

2009年10月15日

W杯欧州予選 全出場国、プレーオフ出場国決定

2010年ワールドカップ南アフリカ大会の欧州予選の最終戦が10月14日に行われました。2組ではスイス、3組はスロバキアが本大会出場を決めました。これでプレーオフ分を除く全ての出場国が決まりました。各組1位が確定し本戦出場を決めたのはデンマーク、スイス、スロバキア、ドイツ、スペイン、イングランド、セルビア、イタリア、オランダの9ヶ国です。

そして熾烈な2位争いではCロナウドを欠いたポルトガルでしたがマルタを下してグループ2位を死守しプレーオフ進出を決めています。2位を確保しプレーオフへ進出するのはポルトガル、ギリシャ、スロベニア、ロシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ウクライナ、フランス、アイルランドの8カ国です。ノルウェーは9組2位ながら上位8カ国に入れず敗退となりました。プレーオフは10月19日にチューリッヒで組み合わせ抽選が行われ11月14日、11月18日に行われます。

又残念ながら常連国と言われる強豪各国の敗退も決まりました。チェコ、クロアチア、スウェーデン、トルコ等が敗退となっています。

また南米予選では話題を集めたマラドーナ監督でしたがアウェーでのウルグアイとの最終戦でアルゼンチンが1-0で勝って勝ち点28で4位を確定させ本大会出場です。負けたウルグアイが5位となり北中米カリブ海4位とプレーオフを行います。

投稿者 btctkt : 09:50 | コメント (0)

2009年10月11日

ヨハネの空は青かった 第11回 チケット

confede2009TKT-1[1].jpg
コンフェデの予約確認書

今回はチケットについて少々お話しをしようと思います。ドイツ大会では観戦者の各住所宛にチケットが予め送付されたのですが今回の南アフリカ大会でのチケットは先ず予約確認書が送付される方式を採用。観戦者本人が申し込み時に使用したクレジットカードを持参して現地オフィスで受領するというシステムとなりました。

confede2009TKT-2[1].jpg
現地で受領した観戦チケット

コンフェデではスタジアムに受領場所がなかったためわざわざ市内にある指定のチケットセンターへ出向いて手続きしなくてはならず少々不便を感じました。限られた時間での観戦旅行ですから予めチケットを持参する方が当然楽で安心です。

来年の本大会でも同じ方式が採られるのかはまだ不明ですが可能性としてはかなり高いと思われます。ただ最低でもスタジアムでの受領も出来るようにはなると予想されますから面倒ではありますが時間的なロスは少なくてすみそうです。次回は現地でのチケット受領についてお伝えする予定です。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 11:14 | コメント (0)

2009年10月07日

ヨハネの空は青かった  第10回 ロフタス(2)

SA LOFTUS-5.JPG
ブラジルファンが多かった観客席

プレトリアのロフタス・ヴァースフェルド・スタジアムでの試合はキックオフのかなり前より多くのファンが詰めかけ至るところ人、人、人の波でした。もっともこれ位の観客がいて当然なのでしょうが不人気の試合が余りにも多かったのは報道の通りで無料のチケットを配っても空席があるといった具合。ですからこのイタリア対ブラジル戦の人気の凄さに南アフリカで初めて国際大会の雰囲気を感じた私でした。

SA LOFTUS-6.JPG
イタリア代表GKブッフォン選手

さて試合は途中からブラジルの一方的な展開となり3-0という結果となりましたが細かな部分での両チームの攻防や駆け引きは見ていてやはり素晴らしいものがありました。個人的にはイタリアのルカトーニ選手に注目していましたが残念ながらブラジルディフェンス陣に封じ込まれ余り良いところはありませんでした。

SA LOFTUS-7.JPG
試合前のウォーミングアップ中のルカトーニ選手


SA LOFTUS-8.JPG
ブラジルの得点に大喜びの観客席

試合はブラジルの勝利となりましたが強豪同士の対決は見応えがあり大満足の試合でした。試合後は再びシャトルバスに乗り駐車場へ。ここからクルマでホテルへと帰ります。今回私はヨハネスブルク、サントン地区の某ホテルへ宿泊していましたが試合後ホテルへ戻ると日本代表の岡田監督を見掛けました。もちろんイタリア対ブラジル戦の視察をされその帰りだったようですがハードスケジュールのためかかなりお疲れの様子でした。

その日本代表はヨハネスブルクで11月に南アフリカ代表と親善試合を行います。コンフェデレーションズカップに出場出来なかった日本代表にとってはワールドカップ前に南アフリカの地で親善試合が出来ることは大きなプラスとなることは間違いありません。欧州遠征に続き、アフリカでの試合も大いに楽しみな一戦となるでしょう。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 15:24 | コメント (0)

2009年09月27日

ヨハネの空は青かった  第9回 マカラパ

さて今回はまたちょっと寄り道、南アフリカの観戦でヴヴゼーラ同様見慣れない応援グッズを発見し思わず苦笑してしまいました。苦笑したというのも、そのグッズが不格好なヘルメットだったからです!何かの新聞で読み後で知ったのですがこのヘルメットはマカラパと呼ばれる建設工事のヘルメットにチームカラーや選手名をペイントしたものでその誕生にはれっきとした理由があったようです。

ある日サッカー観戦へ行った友人がスタジアムで誰かが投げた瓶が頭に当たって怪我、安全を願ってヘルメットにチームのカラーをペイントしたのがマカラパの始まり。これが話題を呼び現在では一般的な応援グッズとなったようです。

SA LOFTUS-4.JPG
ブラジルカラーにペイントされたマカラパをかぶる少女

しかしこのヘルメット、どう贔屓目に見ても格好良いとは言えず、南アフリカ滞在中はその由来を知らなかったため「これ、一体何なんだろう?」、「何でヘルメット?」と不思議に思っていたのですが理由があったのですね。もちろん私は買う気にはならなかったのですがコンフェデのオフィシャルショップでも売られていてこれがなかなかの金額するんです、はい!

ワールドカップでももちろん売られるでしょうから各国のチームカラーや国旗がペイントされたヘルメットが応援席のあちこちで見られることでしょう。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 10:23 | コメント (0)

2009年09月20日

ヨハネの空は青かった  第8回 ロフタス(1)

前回、前々回と脇道にそれましたが今回はプレトリアのロフタス・ヴァースフェルド・スタジアムをお伝えします。コンフェデで最も注目を集めたイタリア対ブラジルを観戦のためヨハネスブルクから向かったのが6月22日、夜の試合ではありますが本大会でも採用される見込みの「パーク&ライド方式」という事で早めにホテルを出発しました。

エリスパークでも同様でしたが何カ所かに分散してある駐車場を目指して出発。クルマを置いた後はシャトルバスでスタジアムへ向かいます。ヨハネスブルクからクルマで1時間程度でのプレトリアですがパーク&ライドですと余裕を見てやはり倍くらいの時間は考えておいた方が良さそうです。(パーク&ライドの詳細はまた後日特集記事でご紹介します)

SA LOFTUS-1.JPG
早めに出発するもロフタスに着くともう真っ暗です

不入りが伝えられたコンフェデでしたがスタジアムに着くと流石にイタリア対ブラジル戦は他の試合とは様子が全く違いました。試合開始のかなり前ではありましたが早くも多くのファンが開門を待っています。オフィシャルショップも大混雑でした。

SA LOFTUS-2.JPG
ロフタスでのオフィシャルショップ

SA LOFTUS-3.JPG
イベントも大盛り上がりです

何だかんだ言ってもこの盛り上がり、大会の雰囲気はテレビでは絶対に感じることが出来ません。コンフェデ、そしてワールドカップ本大会へ毎大会足を向けるのはこの雰囲気を味わうためと言っても過言ではありません。次回はスタジアム内の様子をお伝えします。

(次回へつづく)


投稿者 btctkt : 08:56 | コメント (0)

2009年09月07日

2010年W杯アジア代表がソウルで激突

韓国代表は9月5日にソウルワールドカップスタジアムでオーストラリアと国際親善試合を行いました。ワールドカップに出場するアジア代表の両国の試合は絶対に見逃せないと、早速ソウルへ飛び観戦をしてきました。

ここのところ秋の気配も濃厚となり夜の観戦は寒さを心配しましたがこの日は25度程度と観戦には丁度良い気候となりました。今回の試合で韓国代表は協会とリーグの一部対立から海外組を10名を招集するという結果となり久々に招集された選手もいてファンには堪らない一戦となりました。

korea-australia1[1].jpg
ワールドカップ競技場駅前

地下鉄を降りた駅前は既にサポーター達の凄い熱気でした。スタンドで観戦していてもそのエネルギーは凄まじいものがあります。誰が一番の人気なのかその声援の大きさで直ぐに分かります。もちろん韓国での人気と実力双方でナンバーワンはパクチソン選手でした。独身ということもあり特に若い女性からは絶大な人気があるようで絶えず黄色い声援を受けていました。

korea-australia7[1].jpg
キャプテンマークを付けるオーストラリア戦でのパクチソン選手

ところで韓国の場合は高校生くらいの女性だけのグループもかなり多く、よく目にします。日本より持ち込みはかなり緩く大きな望遠を持つ人やビデオを持参の方もかなりいます。彼女たちは一眼レフのデジカメを持ちそれぞれお目当ての選手を少しでも近くで写そうと試合前の練習中やハーフタイムなんかには最前列に殺到しています。韓国は日本と違い年長者の発言力がかなり強いですからここら辺りに座っているおじさんやおばさん達に「見えない」、「どけ」と言われては散っていくという繰り返しです。日本だと直ぐに喧嘩になったりしますが大人の威厳でひるむことなく言い放つのが韓国流で見ていて大変面白いです。

さて試合はご存知のよう前半オーストラリアの守備の乱れをついてパクチュヨン選手が先制ゴール。イージョンス選手、ソルギヒョン選手が追加点を決め、オーストラリアの反撃を1点に抑えた韓国が3-1で快勝です。韓国はこの後10月10日から14日に変更になったセネガル戦に臨みます。そしてこの後11月14日と11月18日にも国際親善試合を行う予定です。

korea-australia6[1].jpg
この日は集中力を欠いたオーストラリア代表

韓国勝利に沸いたソウルワールドカップ競技場は小さなお子さん連れも大変多くいます。代表戦はだいたい夜の8時キックオフが普通ですから終われば10時近くになっています。それでもこの日は韓国の快勝で大人も子供も大満足で家路に向かう姿が見られました。

korea-australia8[1].jpg
試合後のスタジアム前

投稿者 btctkt : 17:54 | コメント (0)

2009年09月05日

ヨハネの空は青かった 第7回 スーパーマーケット

pnp_logo.gif

南アフリカ滞在中に大変重宝したのがスーパーマーケットです。アジアやヨーロッパではコンビニエンスストアも沢山ありますし歩いてレストランに行くことも可能ですが南アフリカではそれは出来ません。ガソリンスタンドに併設されているちょっとしたコンビニは欧州同様にあるようですがこれも売っているものは限られます。

その代わりに何度も利用したのがスーパーマーケットでした。時間がない時の食事の調達やちょっとした飲み物等はスーパーマーケットで予め購入しておけばいざという時に便利です。私たちが訪れたのはショッピングモール内にあるスーパーマーケット。そのなかでも一番多く利用したのが「ピックンペイ」でした。

品揃えは日本や欧州のそれと同じで生鮮食料品から総菜まで揃っています。大きな店舗になればこれに加えて雑貨もあったりで本当に便利です。但しこれは南アフリカの法律なのかたまたまなのかは分かりませんが訪れたどの店舗でもお酒はワインしか置いていません。

お酒好きの私はどうしてもビールが飲みたくて散々探したのですがどのスーパーマーケットでもやはり置いていないようでした。ビールやスピリッツ系のお酒を扱う専門店をやっと探して購入したのですがお店は比較的小さなところでした。ビール、ウイスキー、ジン等こちらはお酒なら何でも有りの品揃えでした。

さて観戦のある日は余り時間もなくばたばたしていたのですがちょっとお腹が空いた時に食べたのがピックンペイのオリジナルのカップヌードルでした。

SANOODLE-1.JPG
これはビーフ味です

お味はまずまずですがホテルでお湯を貰うか、備え付けの湯沸かしがないと食べれないのが難点です。それでも限られた時間のなかでの観戦旅行では皆さんも利用される機会もあるかもしれません。

SANOODLE-2.JPG

(次号へつづく)


投稿者 btctkt : 07:11 | コメント (0)

2009年09月01日

ヨハネの空は青かった 第6回 ザクミ

試合中は大人、子供関係なく愛想を振りまいて大変な人気者になっていたのが2010年ワールドカップ南アフリカ大会の公式マスコットのザクミ(Zakumi)です。てっきりずっ~とライオンだと思っていたのですがこのザクミ、実は南アフリカを表す国名コードのZAとアフリカ大陸で10を意味するKUMIを掛け合わせた造語で何とヒョウをイメージしたキャラクターだったようです。

ellis-6.JPG
エリスパークでの大会マスコット「ザクミ」

大会を盛り上げる役割を担う重要なマスコットですが単にイメージ向上に寄与するだけでなく大会の成功を左右するのに大きな意味を持つ重要なアイテムです。

ZAKUMI-1.JPG
オフィシャルショップ前の可愛らしいザクミ

試合中だけでなく空港やショッピングセンター等南アフリカの至るところで目についたザクミです。ほんと可愛らしいのですが残念ながら着ぐるみのザクミは少々不気味な感じがしないでもありませんが.......。ところでワールドカップドイツ大会のマスコットは何でしたっけ?

ZAKUMI-2.JPG
プレトリアのロフタススタジアムでのザクミ

(次号へつづく)

投稿者 btctkt : 09:09 | コメント (0)

2009年08月22日

ヨハネの空は青かった 第5回 ヴヴゼーラ

さて今日の話題はヴヴゼーラ。ヴヴゼーラと言ってもあ~あれね!と直ぐに分かる方はかなりの通かもしれません。私も全く知りませんでした、南アフリカへ行くまでは。

でもコンフェデをテレビでご覧になった方なら応援に使う南アフリカ独特のチアホーンと言えばもうほとんどの方がお分かりになって頂けると思います。プラスチック製で通常40㎝くらいの長いものとミニホーンとも言うべき10㎝くらいの小さなものがあります。

bubu-1.JPG
ヴヴゼーラを持つブラジルサポーター

このヴヴゼーラですがテレビを見ているとサポーターが一斉に吹く音が重なって画一的にぶ~んぶ~んと蚊の鳴くような音に聞こえますが実際にスタジアムにいると全く違った音で聞こえてきます。地元の人でも下手な人だと、ぶーぶーと只吹く人からリズムを複雑に刻みながら吹く人までそのテクニックもピンキリのようです。

慣れた人同士が近くに数人いれば更に盛り上がりを見せます。Aさんがリードしてリズムを刻む、その他Bさん、Cさんがこれに呼応して吹くといった正に合奏とでも言うべき感じで演奏は展開していく訳です。もちろんその人たち同士は全く見ず知らずの人。

演者もそのうちだんだんと興奮してくれば立って吹いたり周りに更なるリアクションを求めるような場合もあります。さすがにここまで来ると「見えないから座れ」と言った声が聞こえ始めトーンダウンしていきます。それでも懲りずにまたテンションを上げて行くといった繰り返し。もちろんそういう人ばかりではなく普通は好機やゴールを上げた時に応援のために吹くのが一般的なのだと思いますが。

bubu-2.JPG
ヴヴゼーラを吹くおじさん

さて写真のニットの帽子のおじさんもそんなテクニシャンのヴヴゼリニスト?の一人。最初はいなかったのですが空席を見つけてやって来て吹きまくっておりました。私が見る限りこの人は「試合を見に来た」のではなく「試合に吹きに来た」といった雰囲気。それでもスタジアムを盛り上げるのに一役も二役も買っていました。

このヴヴゼーラはスタジアムの大会オフィシャルマークの入ったようなものはそこそこの値段をしていましたが露天などでは安いようです。ぜひとも本大会や今秋のダーバンでの日本戦へ行く方はお試し下さい!でも難点は使った後帰国する時にちょっと嵩張ることでしょうか。

(次号へつづく)

投稿者 btctkt : 10:23 | コメント (0)

2009年08月16日

ヨハネの空は青かった 第4回 エリスパーク

ellis-1.JPG
シャトル降車後徒歩でエリスパークへ向かいます

さて昼間はサッカーシティーを訪ねました。夜はコンフェデレーションズカップ・イラク対ニュージーランドを観戦がてらエリスパークへ行ってみました。ラグビーのビッグゲームも度々開催されるエリスパーク周辺は民家が立ち並ぶエリア。私たちはクルマでスタジアムへ向かったものの全てのクルマはスタジアムへ直接行くことは出来ず結局はパーク&ライド方式でのスタジアムへの移動となります。

先ず指定された何か所かの駐車場へ向かいます。クルマを駐車しここからは指定のワゴンタクシー、大型バス等(全て無料)のシャトル便でスタジアム近くまで移動します。降車位置にはナンバーがふられ復路も同じ場所からシャトルに乗って駐車場へと帰ります。ワールドカップ本大会でも同じ方式が採られることと思いますので必ず降車場所、ご自身の駐車場の名前を忘れずメモしておくことをお勧めします。

ellis-2.JPG
エリスパークスタジアム前のコンフェデの案内板

降車後は徒歩となります。南アフリカ初日でもあり徒歩区間は短い距離ではありましたが暗い場所もあって少々びびったのですが周辺には部外者は排除されており警官、ボランティアもいましたので心配は不要だったようです。

ellis-3.JPG
エリスパークスタジアム前

ellis-5.JPG
多くのスチュワードがスタジアムの要所を固めます

さてスタジアムへ入るとそれは多くのスチュワードが要所を固めています。このコンフェデでも多くの無料チケットを配布。また本大会でもファンドを立ち上げ地元住民しか入れないカテゴリー4でのチケット無料配布を行うようです。これに対し治安の悪化等を理由に反対する向きもあるようですがスタジアム内では全く危険は感じませんでした。

ellis-6.JPG
大会マスコットの「ザクミ」

試合は地元サッカーファンの声援を聞いているとほとんどがニュージーランドを応援しています。特にサッカーで人気のあるとも思えないニュージーランドがなぜ?と思いましたがよく考えれば旧英連邦であった南アフリカですしラグビーではオールブラックスとしてお馴染みのニュージーランドを応援するのは当たり前かもしれません。もちろん遠い中東のイラクよりも同じ南半球のニュージーランドを応援するのが自然かもしれませんね。

ellis-7.JPG
キックオフ前の両チーム

試合自体は両チーム共にGKへの安易なバックパスも多く精彩を欠く内容でしたが南アフリカ一日目でのサッカー観戦を堪能して帰った我々です。

(次号へつづく)

投稿者 btctkt : 09:50 | コメント (0)

2009年08月08日

ヨハネの空は青かった  第3回 サッカーシティー

暗黒のアフリカに足を踏み入れ無事に帰還出来るか親兄弟までが心配の末やってきた最果ての地南アフリカでしたが着いてみればなあ~んだ人々は普通に生活をし空も青い!何だか拍子抜けした私でした。とは言っても油断は禁物。ルールを守って危険と思われることは極力避けながらの旅行が私の流儀。超びびりではありますがとにかく安全第一です。

さて冬の南アフリカは一様に寒いと考えていましたが到着したヨハネスブルクはさほど寒さを感じませんでした。日中天気が良ければ半袖で過ごせるくらいの感覚です。しかしこれも日中だけのこと!夜はめちゃめちゃ寒くなりますので観戦の際は日本の真冬の装備が必要ですのでご注意下さい。まあとにかく観光がてら先ずはスタジアムへと思い向かってみました。

soccer-city1.JPG
サッカーシティー、タイトル通りの空の青さに注目!

報道陣にも公開され皆さんもテレビやインターネットでご覧になったと思いますが開幕戦と決勝が行われるヨハネスブルクの新設のサッカースタジアムがこの「サッカーシティー」です。早速行ったスタジアムはアーティスティックな外観にアフリカの香りを感じます。数週間前には工事作業員のストライキで完成の遅れが心配されましたがこれも解決し順調に工事は進んでいるようです。ただスタジアム以外の周辺の整備はまだまだこれからといった進捗状況でした。

soccer-city2.JPG
スタジアム横にある開幕までのカウントダウンを示すパネルも今はまだ休止中

ところで本大会ではこのサッカーシティーまでどのように移動するのかは不明ですがコンフェデの様子から想像すると空港やその他のピックアップ場所から近隣に設けた駐車場までシャトルバスや自家用車で移動。ここから先は更に小さなミニバスやミニバンに乗ってスタジアムまで行く、いわゆるパーク&ライド方式が有力だと思われます。市内中心よりそこそこの距離もありますので面倒でもあり窮屈であることも想像に難くありませんがこれも南アフリカですから我慢するしかなさそうです。

soccer-city3.JPG

正面左手のスペースは駐車場等が建設されるのではと思いますがこのエリアには自分のクルマで直接来ることが出来ないと思われます。

反対の右手には南アフリカサッカー協会の建物があります。建物は何だかプラネタリウムを思い起こさせるデザインです。写真では見にくいと思いますがこのような建物の周囲にはセキュリティーのため有刺鉄線が張られいずれも微電流が流されいるようです。南アフリカではごく一般的な光景のようですがさすが南アフリカと思わせる一面です。そして夜は観戦のためエリスパークを訪れますがこの様子は次回にお届けします。

soccer-city4.JPG
スタジアムを正面やや右から

soccer-city5.JPG
南アフリカサッカー協会の建物

(次号へつづく)

投稿者 btctkt : 09:30 | コメント (0)

2009年08月01日

ヨハネの空は青かった  第2回 飛行機

第2回目となる南アフリカ特集の始まりです。朝晩はかなり寒くなるヨハネスブルクですが天気が良いと日中は汗ばむくらいです。私が初めて降り立ったヨハネスブルクもお天気で空は真っ青でした。

おっかなびっくりで到着した南アフリカ、先入観はグレーで怖い都市でしたが実際は空はブルー、町には高級車もたくさん走っていますし大きなビルも建っています。あちらこちらに大きなショッピングセンターも見受けられロサンゼルスやその郊外とそう変わりありません。あれっ、ちょっと違うぞと感じつつスタートした南アフリカでの旅行でした。

さて前回に続いてホテルについて少しお話しようと思っていたのですが来年の本大会のための飛行機の予約を進めていくうちにホテルに加え飛行機の予約もかなり厳しくなっているようです。今回は急遽航空券についてお話して参ります。

SA-1.JPG
駐機中の南アフリカ航空

毎大会、飛行機なんて後回しで良いやと思っていたのですが今回少々事情が違うようです。先ず香港からの南アフリカ航空はノーマル運賃以外の予約は現在全く入らない状態。シンガポール航空も満席が多くなっています。そしてマレーシア航空はデイリーの運行でないため旅程に合わない場合もあります。

バンコク辺りを経由して中東系のエミレーツ、カタール、エンティハドはと言えばやはり予約を制限しているのか満席という場合が多いようです。それじゃあいっそのこと欧州から飛ぶ事を考えましたがこちらも利便性の高い南アフリカ航空等は既に予約を取らない状況です。南アフリカの場合は隣接する国々へ行きそこからアプローチという方法も一般的ではありませんから余計に大変です。

SA-2.JPG
スターアライアンスメンバー南アフリカ航空のチェックインカウンター

特に席数の少ないビジネスクラスでの渡航をお考えの皆様はかなり早急に予約を進められることをお勧めします。クアラルンプール経由でのマレーシア航空、香港、バンコク経由のアジスアベバ乗り換えでヨハネ行きのエチオピア航空等に現在空席があるようです。エコノミーでは香港からのキャセイにまだ空席があるようです。

SA-3.JPG
ちらっと覗いた南アフリカ航空のビジネスクラスのどえらく広いこと!

ただ組合せ抽選が行われる今年の12月以降はパッケージツアー用のため営業上制限を設けていたものや、予約の入り具合の悪い便等は一気に放出される可能性も高くなってきますので今後の動向に注視していけばまだまだ席を確保するチャンスは大いにあると思います。早めのチェックでより良い観戦旅行を実現して下さい。

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 10:51 | コメント (0)

2009年07月25日

ヨハネの空は青かった 第1回 治安とホテル

ワールドカップの前哨戦、プレ大会と位置付けられる2009年コンフェデレーションズカップ南アフリカ大会へ行ってきました。渡航前はやれ「世界でもっとも危険な都市」だの、ソエトに代表されるような「貧困問題」で大変な国だの、「人種差別」等々という情報ばかり。気の弱い、しかも喧嘩も弱い私にとってはネガティブ情報ばかりで超びびりまくりの出発でした。しかし降り立ったヨハネスブルクの空は青かった!これが私の南アフリカ旅行全体を通じての感想、ほんとヨハネの空は青かったあ~。

このようなネガティブ情報に接していた私でしたが実際に行った感想は全く違ったものでした。南アフリカは心優しい人も多く、至って他の諸外国と同じ。もちろん注意しなくてはいけないこともあるのは当然です。南アフリカの様子やトラベルヒントは今後順を追ってお知らせして参りますね。

or-tambo1.JPG
O.R.タンボ国際空港もサッカー一色

さて今回第1回目となるテーマは来年に迫る南アフリカ大会を実際に観戦しようとお考えの皆様が最も重要で一刻も早く手配しなくてはならないこと、そうホテルの手配についてです。パッケージツアーの参加や組み合わせを確認のうえ特定の試合を目指して行かれる方はまだまだ先のお話でしょうが個人旅行で大都市での観戦をお考えであればとにかく早めの手配が必要です。南アフリカはホテルの数が少ない、しかも安全なエリアでの宿泊が必要でこれが最も重要なポイントとなりそうです。

or-tambo2.JPG
空港は来年を目指してどこも工事の真っ最中です

前回ドイツ大会では隣国に滞在したり、会場とならないエリアに滞在してレンタカーや整備された鉄道網で移動したり、早めの手配を心掛けていれば会場となる都市でも比較的容易にホテルを探すことが可能でした。ところが今回の南アフリカは安ければどこでも良い訳でもなく、泊まれればどこでも良い訳でもなくましてや宿泊施設そのものが少ないわけで本当にチョイスの幅が狭いというのが現状です。

組み合わせが決まっていない段階でどこの都市に泊まる、何月何日に泊まるといったことが決められないのは当然で今からそんな事を言っても実際には手配出来ないと思われるかもしれません。それでもご自身のお休みになれる日にちが限定される方や、小さな都市を諦め比較的行きやすいヨハネスブルクやケープタウン等を中心とした観戦をお考えであるならば今からでも計画を立てることは十分に可能です。そういった皆様は今から直ぐにホテル探しを始められることをぜひともお勧めします。

or-tambo3.JPG
空港出発ロビー

(次回へつづく)

投稿者 btctkt : 17:43 | コメント (0)

2009年06月22日

コンフェデ2009 熱狂のブラジル-イタリア

南アフリカへ来ています。昨夜はプレトリアでのブラジル対イタリア戦を観に行きました。不入りで無料のチケットを配っていると報道されていますが(実際地元の方のチケットを見ると無料と書いてありますので貰ったものに違いありません)この試合は別格で完売、そして試合は空席もほとんどなく大いに盛上がっておりました。今朝の各メディアはブラジルの調整が成功しプレーの早さと質がずば抜けていると言っていますが本番ではどのような戦いをするのでしょうか。

ヨハネスブルクからプレトリアまで1時間。この間、この試合へ観戦に行く多くのクルマを見かけました。さて日本では治安の不安が高らかに叫ばれておりますが地元の方に聞くと危険なエリアへは行かない、単独行動はしない、暗くなっての外出はしない等に気を付ければそれ程心配する必要はないと多くの方に言われました。但し公共交通機関のほとんどない南アフリカではレンタカー、タクシーやチャーターしたクルマ等は多いに必要な場面が出てきます。この点は注意が必要です。

ヨハネスブルクではサントン地区の某ホテルで宿泊していますが昨夜は試合後ホテルへ戻ると日本代表の岡田監督を見掛けました。ブラジル-イタリアを視察されたようですがハードスケジュールのためだいぶお疲れのご様子でした。日本代表のため残り1年頑張って貰いたいものです。

最後に南アフリカの様子を当社ホームページでご案内おります。試合結果だけでなく南アフリカの状況等来年のワールドカップ観戦をお考えの方にも参考にして頂ければと思います。「コンフェデレーションズカップ特集」のページをご参照下さいませ。

投稿者 btctkt : 12:26 | コメント (0)

2009年06月15日

コンフェデ2009開幕 ホスト国南アは引き分け

2010年ワールドカップ南アフリカ大会のプレ大会を兼ねたコンフェデレーションズカップ2009が6/14にヨハネスブルクのエリスパークスタジアムで開幕しました。ホスト国の南アフリカとアジアカップ優勝のアジア大陸代表イラクとの対戦は4.8万人の大観衆に包まれた大興奮のスタジアムでキックオフを迎えました。しかし両チーム無得点で試合は0-0のまま引き分けとなりました。

もう1試合オセアニア代表のニュージーランド対欧州代表スペインの試合がラステンバーグのロイヤルバフォケンスタジアムで行われスペインが格の違いを見せつけました。フェルナンドトーレスは前半にハットトリックを決める活躍で5-0でニュージーランドを一蹴して初戦を飾りました。

コンフェデレーションズカップ2009 6/14の結果
6/14 △南アフリカ 0-0 △イラク
6/14 ○スペイン 5-0 ●ニュージーランド

コンフェデレーションズカップ2009は4会場で以下のような日程で行われ6/28の決勝戦まで熱戦が続きます。コンフェデレーションズカップの更に詳細な情報は当社「コンフェデレーションズカップ特集」をご覧下さい。

グループステージ今後の日程
6/15 16:00 ブラジル - エジプト@Mangaung/Bloemfontein
6/15 20:30 アメリカ - イタリア@Tshwane/Pretoria
6/17 16:00 スペイン - イラク@Mangaung/Bloemfontein  
6/17 20:30 南アフリカ - ニュージーランド@Rustenburg  
6/18 16:00 アメリカ - ブラジル@Tshwane/Pretoria
6/18 20:30 エジプト - イタリア@Johannesburg
6/20 20:30 イラク - ニュージーランド@Johannesburg 
6/20 20:30 スペイン - 南アフリカ@Mangaung/Bloemfontein  
6/21 20:30 イタリア - ブラジル@Tshwane/Pretoria
6/21 20:30 エジプト - アメリカ@Rustenburg

決勝トーナメント
6/24 準決勝
6/25 準決勝
6/28 3位決定戦
6/28 決勝

投稿者 btctkt : 10:00 | コメント (0)

2009年06月08日

欧州・アジアのワールドカップ出場国

ワールドカップ南アフリカ大会欧州予選が6/06に行われ9組のオランダはアイスランドと対戦し1-2で勝利し6連勝で9組1位を確定させ2大会連続9度目のワールドカップ出場を決めました。試合は前半9分ファン・デル・ファールトのアシストからデヨンが先制ゴールをあげ1点。16分にもファン・ボメルがミドルシュートを決め2-0としました。しかしアイスランドも後半1点を返し粘りますが2-1でオランダが勝利しました。

そしてアジアでも3ヶ国の出場が決定です。A組の日本はウズベキスタンとの対戦でしたが前半9分に中村憲選手からのパスを岡崎選手が左足でシュート。一旦GKに防がれましたが、こぼれ球を頭で押し込んで先制しましす。その後猛攻を受けますが守備陣が踏ん張り1-0で勝利。勝ち点を14に伸ばし2試合を残して2位以上を確定させ4大会連続4回目のW杯本出場を決めました。オーストラリアはアウエーでカタールと0-0の引き分けこの結果勝ち点14となり2試合を残して2大会連続でのW杯出場を決めたました。

B組では韓国代表はUAEのドバイ・アル・マクトゥムスタジアムで試合を行い2-0で快勝し7大会連続でW杯出場を決めました。この試合前半8分にイーチョンヨン選手からのボールを胸で受けたパクチュヨン選手がゴールを決め先制。そして前半37分にもGKのミスからキソンヨン選手がゴールを決め2-0で完勝した。韓国は後半にキムジョンウ選手が2枚目のイエローカードで退場となりましたが堅守で2点を守りきりました。

北朝鮮は平壌でイランと対戦し0-0で引き分けました。北朝鮮は44年ぶり2度目の出場を目指しましたが勝ち点1をあげたにとどまりました。しかし勝ち点を11とし残り1試合に全てを賭けて戦います。サウジアラビアも残り1試合、イランは残り2試合です。

投稿者 btctkt : 09:48 | コメント (0)

2009年02月19日

2010年ワールドカップ チケット販売の開始

WC2010.JPG

2010年ワールドカップ南アフリカ大会の入場券販売が明日2月20日より開始されることが発表されました。販売方法と価格は前回ドイツ大会とほぼ同様で販売期間を5段階に分けて販売されるようです。

第1次販売は2月20日より3月31日までのお申し込みで抽選のうえ当選者にのみ販売されます。日本からの購入はFIFAのオフィシャルサイトからとなります。カテゴリーは4つに分かれカテゴリー4は南アフリカ在住者のみ購入出来るチケットとなります。

開幕戦は各CAT1-CAT3が$450/$300/$200となります。そのほかの1次リーグは$160/$120/$80となっております。注目の決勝は$900/$600/$400という価格になります。尚第1次販売の抽選は4月15日に行われ数週間以内には申込者全員に当選の可否が伝えられる予定です。

投稿者 btctkt : 18:18 | コメント (0)

2008年11月23日

コンフェデレーションズカップ組み合わせ抽選

FIFAは11/22に南アフリカで2009年6月に行われるコンフェデレーションズカップの1次リーグ組み合わせ抽選をヨハネスブルクで行ないました。2006年W杯ドイツ大会の覇者イタリアはブラジル、アメリカ、エジプトとB組となりました。ホスト国の南アフリカはA組となり、同組にはユーロ覇者のスペイン、アジア代表のイラク、オセアニア代表のニュージーランドとなりました。

ワールドカップのプレ大会としての意味合いが強いコンフェデレーションズカップですが南アフリカでの開催に不安を持つ意見も多く恒例のお祭り的な要素に加えて実際の大会に則した運営の実施や治安問題等を払拭し2010年本大会へ繋げる重要な役割を担う大会となりそうです。4都市4会場で行われ1次リーグで各組2位までが準決勝に進出し6月24日から行われ6月28日に決勝をが戦われます。開幕戦は南アフリカ対イラクでとなります。

グループステージ日程と組合せ
Group-A
6/14 16:00 南アフリカ - イラク@Johannesburg
6/14 20:30 ニュージーランド - スペイン@Rustenburg  
6/17 16:00 スペイン - イラク@Mangaung/Bloemfontein  
6/17 20:30 南アフリカ - ニュージーランド@Rustenburg  
6/20 20:30 イラク - ニュージーランド@Johannesburg 
6/20 20:30 スペイン - 南アフリカ@Mangaung/Bloemfontein  

Group-B
6/15 16:00 ブラジル - エジプト@Mangaung/Bloemfontein
6/15 20:30 アメリカ - イタリア@Tshwane/Pretoria
6/18 16:00 アメリカ - ブラジル@Tshwane/Pretoria
6/18 20:30 エジプト - イタリア@Johannesburg
6/21 20:30 イタリア - ブラジル@Tshwane/Pretoria
6/21 20:30 エジプト - アメリカ@Rustenburg


投稿者 btctkt : 10:11 | コメント (0)

2008年11月14日

コンフェデレーションズカップ2009

ワールドカップ南アフリカ大会のプレ大会として開催されるコンフェデレーションズカップがいよいよ来年に迫ってきました。当初5会場での開催を見込んでいた組織委員会でしたが予定会場からポートエリザベスを外すと7月8日に正式に発表しました。FIFAが2009年3月30日までを期限とし期限内に完成出来ない(遅延の恐れがある場合)場合は会場から除外するとしていました。

これで正式に4会場での開催が決まりました。2009年大会はワールドカップドイツ大会の覇者イタリア、ホスト国の南アフリカ、そして6大陸の各王者が出場します。残念ながらアジアカップで敗れた日本は参加しませんが2010年W杯南アフリカ大会のプレ大会として大いに盛り上がって欲しいものです。組み合わせは今月11月下旬頃には決定するようです。

■2009年コンフェデレーションズカップ・南アフリカ大会出場国
南アフリカ共和国 (開催国)
イタリア (FIFAワールドカップ2006優勝)
アメリカ合衆国 (2007 CONCACAFゴールドカップ優勝)
ブラジル (コパ・アメリカ2007優勝)
イラク (AFCアジアカップ2007優勝)
エジプト (アフリカネイションズカップ2008優勝)
スペイン (UEFA欧州選手権2008優勝)
ニュージーランド (OFCネイションズカップ2008優勝)

■コンフェデレーションズカップ・南アフリカ大会会場
プレトリア/ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム(Loftus Versfeld stadium)
ヨハネスブルグ/エリス・パーク・スタジアム(Ellis Park Stadium)
ブルームフォンテーン/フリー・ステート・スタジアム(Free State Stadium )
ラステンバーグ/ロイヤル・バフォケン・スタジアム(Royal Bafokeng Stadium)

尚2009年コンフェデレーションズカップの日程は以下となっています。組み合わせは11月22日の予定です。注目の組合せは間もなく決定の運びです。

■グループステージ
Group-A
6/14 16:00 Johannesburg  A1 - A2
6/14 20:30 Rustenburg  A3 - A4
6/17 16:00 Mangaung/Bloemfontein  A4 - A2
6/17 20:30 Rustenburg  A1 - A3
6/20 20:30 Johannesburg  A2 - A3
6/20 20:30 Mangaung/Bloemfontein  A4 - A1

Group-B
6/15 16:00 Mangaung/Bloemfontein B3 - B4
6/15 20:30 Tshwane/Pretoria B1 - B2
6/18 16:00 Tshwane/Pretoria B1 - B3
6/18 20:30 Johannesburg B4 - B2
6/21 20:30 Tshwane/Pretoria B2 - B3
6/21 20:30 Rustenburg B4 - B1

■決勝トーナメント
6/24 Match 13 準決勝 20:00 Mangaung/Bloemfontein 1A - 2B
6/25 Mtach 14 準決勝 20:00 Johannesburg 1B - 2A
6/28 3位決定戦 15:00 Rustenburg L13-L14
6/28 決勝 20:00 Johannesburg W13-W14

投稿者 btctkt : 14:34 | コメント (0)

2008年01月31日

W杯欧州予選 全組合せが決定

2010年南アフリカワールドカップ欧州予選は各組の代表が集まり話し合いを行い全9組の日程が1月16日までに決定される予定でした。ところが予選2組と5組は話し合いに結論が出ず最終的に1月30日にクロアチアのザグレブで組合せ抽選会を開催しました。この結果2組と5組の日程も決定し全9組の予選日程が確定しました。

さて既に報道の通り注目は前大会覇者のイタリアです。予選8組に入り初戦は9月6日に行われるキプロス戦で開幕を迎えます。ホームでの初戦は9月10日の対グルジア戦となります。

こちらも注目度は一段と高くなってるイングランドです。ユーロでは予選敗退の屈辱を舐めましたがワールドカップ予選ではこれに続く2度の失敗は許されません。9月6日のアンドラ戦で予選をスタートさせます。9月10日にはユーロ予選で辛酸を味わされた宿敵クロアチアとの対戦となります。開幕からの2試合はいずれもAWAYでの試合となります。ホームでの初戦は10月11日のカザフスタン戦となります。

そして7組のフランスは初戦を9月6日にユーロホスト国オーストリアと対戦します。ホームでは9月10日のセルビア戦が開幕戦となります。

アジアに目を向けると日本は2月6日のアジア3次予選対タイ戦で戦いをスタートさせます。お隣韓国もトルクメニスタンとの試合を行います。決して楽に勝利出来ないこの予選を突破して何とか2010年南アフリカ大会の切符を勝ち取って貰いたいものです。

2010年ワールドカップ欧州予選

<予選1組日程>
9/06 Albania v Sweden
9/06 Hungary v Denmark
9/06 Malta v Portugal

9/10 Sweden v Hungary
9/10 Portugal v Denmark
9/10 Albania v Malta

10/11 Sweden v Portugal
10/11 Denmark v Malta
10/11 Hungary v Albania

10/15 Malta v Hungary
10/15 Portugal v Albania

2009年
2/11 Malta v Albania

3/28 Portugal v Sweden
3/28 Albania v Hungary
3/28 Malta v Denmark

4/01 Hungary v Malta
4/01 Denmark v Albania

6/06 Sweden v Denmark
6/06 Albania v Portugal
6/10 Sweden v Malta

9/05 Hungary v Sweden
9/05 Denmark v Portugal

9/09 Malta v Sweden
9/09 Albania v Denmark
9/09 Hungary v Portugal

10/10 Denmark v Sweden
10/10 Portugal v Hungary

10/14 Sweden v Albania
10/14 Portugal v Malta
10/14 Denmark v Hungary

<予選2組日程>
9/06 Moldova v Latvia
9/06 Luxemburg v Greece
9/06 Israel v Switzerland

9/10 Latvia v Greece
9/10 Moldova v Israel
9/10 Switzerland v Luxemburg

10/11 Luxemburg v Israel
10/11 Switzerland v Latvia
10/11 Greece v Moldova

10/15 Latvia v Israel
10/15 Luxemburg v Moldova
10/15 Greece v Switzerland

2009年
3/28 Luxemburg v Latvia
3/28 Israel v Greece
3/28 Moldova v Switzerland

4/01 Latvia v Luxemburg
4/01 Greece v Israel
4/01 Switzerland v Moldova

9/05 Israel v Latvia
9/05 Moldova v Luxemburg
9/05 Switzerland v Greece

9/09 Israel v Luxemburg
9/09 Latvia v Switzerland
9/09 Moldova v Greece

10/10 Greece v Latvia
10/10 Israel v Moldova
10/10 Luxemburg v Switzerland

10/14 Latvia v Moldova
10/14 Greece v Luxemburg
10/14 Switzerland v Israel

<予選3組日程>
9/06 Poland v Slovenia
9/06 Slovakia v Northern Ireland

9/10 Northern Ireland v Czech Republic
9/10 San Marino v Poland
9/10 Slovenia v Slovakia

10/11 Poland v Czech Republic
10/11 San Marino v Slovakia
10/11 Slovenia v Northern Ireland

10/15 Czech Republic v Slovenia
10/15 Northern Ireland v San Marino
10/15 Slovakia v Poland

11/19 San Marino v Czech Republic

2009年
2/11 San Marino v Northern Ireland

3/28 Northern Ireland v Poland
3/28 Slovenia v Czech Republic

4/01 Czech Republic v Slovakia
4/01 Northern Ireland v Slovenia
4/01 Poland v San Marino

6/06 Slovakia v San Marino
8/19 Slovenia v San Marino

9/05 Poland v Northern Ireland
9/05 Slovakia v Czech Republic

9/09 Northern Ireland v Slovakia
9/09 Czech Republic v San Marino
9/09 Slovenia v Poland

10/10 Czech Republic v Poland
10/10 Slovakia v Slovenia

10/14 Czech Republic v Northern Ireland
10/14 Poland v Slovenia
10/14 San Marino v Slovenia

<予選4組日程>
9/06 Liechtenstein v Germany
9/06 Wales v Azerbaijan

9/10 Finland v Germany
9/10 Azerbaijan v Liechtenstein
9/10 Russia v Wales

10/11 Germany v Russia
10/11 Wales v Liechtenstein
10/11 Finland v Azerbaijan

10/15 Germany v Wales
10/15 Russia v Finland

2009年
3/28 Germany v Liechtenstein
3/28 Russia v Azerbaijan
3/28 Wales v Finland

4/01 Liechtenstein v Russia
4/01 Wales v Germany

6/06 Finland v Liechtenstein
6/06 Azerbaijan v Wales
6/10 Finland v Russia

8/19 Azerbaijan v Germany

9/05 Russia v Liechtenstein
9/05 Azerbaijan v Finland

9/09 Wales v Russia
9/09 Germany v Azerbaijan
9/09 Liechtenstein v Finland

10/10 Russia v Germany
10/10 Liechtenstein v Azerbaijan
10/10 Finland v Wales

10/14 Germany v Finland
10/14 Azerbaijan v Russia
10/14 Liechtenstein v Wales

<予選5組日程>
9/06 Spain v Bosnia-Herzegovina
9/06 Belgium v Estonia
9/06 Armenia v Turkey

9/10 Bosnia-Herzegovina v Estonia
9/10 Spain v Armenia
9/10 Turkey v Belgium

10/11 Belgium v Armenia
10/11 Turkey v Bosnia-Herzegovina
10/11 Estonia v Spain

10/15 Bosnia-Herzegovina v Armenia
10/15 Belgium v Spain
10/15 Estonia v Turkey

2009年
3/28 Belgium v Bosnia-Herzegovina
3/28 Armenia v Estonia
3/28 Spain v Turkey

4/01 Bosnia-Herzegovina v Belgium
4/01 Estonia v Armenia
4/01 Turkey v Spain

9/05 Armenia v Bosnia-Herzegovina
9/05 Spain v Belgium
9/05 Turkey v Estonia

9/09 Armenia v Belgium
9/09 Bosnia-Herzegovina v Turkey
9/09 Spain v Estonia

10/11 Estonia v Bosnia-Herzegovina
10/11 Armenia v Spain
10/11 Belgium v Turkey

10/14 Bosnia-Herzegovina v Spain
10/14 Estonia v Belgium
10/14 Turkey v Armenia

<予選6組日程>
8/20 Kazakhstan v Andorra

9/06 Andorra v ENGLAND
9/06 Croatia v Kazakhstan
9/06 Ukraine v Belarus

9/10 Croatia v ENGLAND
9/10 Andorra v Belarus
9/10 Kazakhstan v Ukraine

10/11 ENGLAND v Kazakhstan

10/11 Ukraine v Croatia

10/15 Belarus v ENGLAND

10/15 Croatia v Andorra

2009年
4/01 ENGLAND v Ukraine
4/01 Kazakhstan v Belarus
4/01 Andorra v Croatia

6/06 Kazakhstan v ENGLAND
6/06 Croatia v Ukraine
6/06 Belarus v Andorra

6/10 ENGLAND v Andorra
6/10 Ukraine v Kazakhstan

8/19 Belarus v Croatia

9/05 Ukraine v Andorra
9/05 Croatia v Belarus

9/09 ENGLAND v Croatia
9/09 Belarus v Ukraine
9/09 Andorra v Kazakhstan

10/10 Ukraine v ENGLAND
10/10 Belarus v Kazakhstan

10/14 ENGLAND v Belarus
10/14 Kazakhstan v Croatia
10/14 Andorra v Ukraine

<予選7組日程>
9/06 Austria v France
9/06 Romania v Lithuania
9/06 Serbia v Faroe Islands

9/10 Lithuania v Austria
9/10 Faroe Islands v Romania
9/10 France v Serbia

10/11 Faroe Islands v Austria
10/11 Romania v France
10/11 Serbia v Lithuania
10/15 Austria v Serbia
10/15 Lithuania v Faroe Islands

2009年
3/28 Romania v Serbia
3/28 Lithuania v France

4/01 Austria v Romania
4/01 France v Lithuania

6/06 Serbia v Austria
6/06 Lithuania v Romania
6/10 Faroe Islands v Serbia

8/19 Faroe Islands v France

9/05 Austria v Faroe Islands
9/05 France v Romania

9/09 Romania v Austria
9/09 Serbia v France
9/09 Faroe Islands v Lithuania

10/10 Austria v Lithuania
10/10 Serbia v Romania
10/10 France v Faroe Islands

10/14 France v Austria
10/14 Lithuania v Serbia
10/14 Romania v Faroe Islands

<予選8組日程>
9/06 Cyprus v Italy
9/06 Georgia v Republic of Ireland
9/06 Montenegro v Bulgaria

9/10 Italy v Georgia
9/10 Montenegro v Republic of Ireland

10/11 Bulgaria v Italy
10/11 Georgia v Cyprus

10/15 Italy v Montenegro
10/15 Republic of Ireland v Cyprus
10/15 Georgia v Bulgaria

2009年
2/11 Republic of Ireland v Georgia

3/28 Montenegro v Italy
3/28 Cyprus v Georgia
3/28 Republic of Ireland v Bulgaria

4/01 Italy v Republic of Ireland
4/01 Bulgaria v Cyprus
4/01 Georgia v Montenegro

6/06 Cyprus v Montenegro
6/06 Bulgaria v Republic of Ireland

9/05 Georgia v Italy
9/05 Cyprus v Republic of Ireland
9/05 Bulgaria v Montenegro

9/09 Italy v Bulgaria
9/09 Montenegro v Cyprus

10/10 Republic of Ireland v Italy
10/10 Cyprus v Bulgaria
10/10 Montenegro v Georgia

10/14 Italy v Cyprus
10/14 Republic of Ireland v Montenegro
10/14 Bulgaria v Georgia

<予選9組日程>
9/06 Macedonia v Scotland
9/06 Norway v Iceland

9/10 Macedonia v Holland
9/10 Iceland v Scotland

10/11 Holland v Iceland
10/11 Scotland v Norway

10/15 Iceland v Macedonia
10/15 Norway v Holland

2009年
3/28 Holland v Scotland

4/01 Holland v Macedonia
4/01 Scotland v Iceland

6/06 Iceland v Holland
6/06 Macedonia v Norway

6/10 Macedonia v Iceland
6/10 Holland v Norway

8/19 Norway v Scotland

9/05 Scotland v Macedonia
9/05 Iceland v Norway

9/09 Scotland v Holland
9/09 Norway v Macedonia

注意)一旦決定している日程も変更となる場合有りますのでご注意下さいませ

投稿者 btctkt : 16:58 | コメント (0)

2007年11月26日

2010年ワールドカップ 欧州予選

2010年ワールドカップ予選の組み合わせ抽選が南アフリカのダーバンで11/25に行われました。この組み合わせ抽選は欧州だけでなく各大陸予選の全ての組み合わせの抽選が行われたものです。欧州ではユーロ2008が終了するともう直ぐ9月から予選が開始される訳です。53カ国が9組に分かれホームアンドアウエー方式でのリーグ戦を行います。各組1位となる9カ国は無条件で予選突破します。更に各組2位のうち8カ国がやはりホームアンドアウエー方式でプレーオフを行い4カ国がW杯への最後の枠を獲得します。

さて今回「死のグループ」と言われているのが1組です。ポルトガルをはじめスウェーデン、デンマークといっ北欧の強豪が居並びます。また4組もドイツ、ロシア、フィンランドにウェールズを加え簡単ではないグループとなっています。とは言えどの組に入っても決して楽ではないことは確か。6組のイングランドも先日の敗戦で欧州選手権の出場を阻まれたクロアチアとの再戦に今からイングランド国民は沸き立っています。

ワールドカップ欧州予選
【1組】ポルトガル、スウェーデン、デンマーク、ハンガリー、アルバニア、マルタ
【2組】ギリシャ、イスラエル、スイス、モルドバ、ラトビア、ルクセンブルク
【3組】チェコ、ポーランド、北アイルランド、スロバキア、スロベニア、サンマリノ
【4組】ドイツ、ロシア、フィンランド、ウェールズ、アゼルバイジャン、リヒテンシュタイン
【5組】スペイン、トルコ、ベルギー、ボスニア-ヘルツェゴビナ、アルメニア、エストニア
【6組】イングランド、クロアチア、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、アンドラ
【7組】フランス、セルビア、ルーマニア、リトアニア、オーストリア、フェロー諸島
【8組】イタリア、ブルガリア、アイルランド、キプロス、グルジア、モンテネグロ
【9組】オランダ、スコットランド、ノルウェー、マケドニア、アイスランド

投稿者 btctkt : 17:22 | コメント (0)

2006年08月08日

2010年南アフリカ大会の問題山積

WC2010.JPG

2010年大会が決定している南アフリカですがFIFAは地元貧困層のために無料又は格安でのチケット配布を考慮していると報道されています。国民の大部分が貧困に苦しむ南アでは高額のチケット代金を払って観戦出来る層は極めて少なく地元不在の大会となる事を危惧したFIFAが検討しているものです。初めてとなる南アフリカ大会ですがその治安の悪さから開催を危ぶむ声も高いのが事実です。果たして貧困層向けのチケット配布とスタジアムでの治安の維持が両立出来るのか。又貧困層向けチケットがお金のために転売され地元住民のほとんどが観戦しないといった事態は起きないのか今後の検討課題は山積です。

投稿者 btctkt : 15:48 | コメント (0) | トラックバック

欧州蹴球情報最前線管理人

BTCベルザキャットリミテッド
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
Tel:047-701-8631(月~金 14:00-17:00) 土日祝日休業
お問い合わせは必ず電子メールで  info@btctkt.com
千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(c)2005-2014 BTC-Bell The Cat Ltd. all rights reserved.