2014年08月14日

スーパーカップはドルトムントが勝利

bundesliga.JPG

ドイツスーパーカップは8/13にドルトムント対バイエルンの対戦で行われます。グアルディオラ監督はスーパーカップはテストではなく勝利を目指すと明言しています。そして行われた試合では23分に中央でボールを持ったヘンリク・ムヒタリアン(=ヘンリック・ミキタリヤン)がドリブルで仕掛けるスルーパスをオーバメヤンに送るもシュートに持ち込めず。しかしこぼれたボールをムヒタリャンが豪快に蹴り込みドルトムントが先制します。62分にはオーバメヤンが頭で合わせて2-0としました。W杯の影響もあってベストメンバーを組めないバイエルンでしたがドルトムントに完敗を喫し黒星で今季のスタートとなりました。バイエルンはヴォルフスブルクと8/22に開幕戦を戦います。



また開幕まで残り1週間余りとなりましたがこの試合で負傷のバイエルンのハビ・マルティネス選手は今後精密検査の結果待ちも左足前十字靭帯断裂で長期離脱の可能性もあるようです。今日にも手術を受ける予定との報道がされていますが早期の回復をお祈りします。

★ドイツでの観戦をお考えの方は先ずチケット価格だけではなく経験豊富な手配と情報の当社へご依頼下さい。チケット情報は「BTCブンデスリーガチケット情報」を参考のうえご検討下さい

投稿者 btctkt : 13:38 | コメント (0)

2008年05月03日

オリバーカーン選手引退試合

ドイツブンデスリーガの最終節が5/17に行われました。バイエルン・ミュンヘンは既に今季の優勝を決定させていますがヘルタ・ベルリンとの最終戦はこの試合で引退を決めていたGKオリバーカーン選手の現役最後の公式試合を見ようと多くのサポーターが集まりました。試合は4-1でバイエルンが快勝。試合終了後は現役生活で最後となる8度目のマイスター・シャーレを高々と掲げファンに応えました。そのカーン選手の引退記念試合がドイツ代表対バイエルンミュンヘンという夢の対決で2008年9月2日にバイエルンの本拠地アリアンツアリーナで開催される事が決定しました。

2002年の日韓ワールドカップでカーン選手のファンになった方も多いことと思いますし、またバイエルンのファン、ドイツブンデスリーガのファンにとってもカーン選手の引退は感慨深いものと思います。個人的にはこの試合で引退するカーン選手を惜しみながらも最後の勇姿を楽しみにしています。

★この9/02に行われる引退試合バイエルンミュンヘン対ドイツ代表の試合を当社でもお取り扱いを致します。先ずはメールでお問い合せ下さい。関連記事は当社「ドイツブンデスリーガチケット情報」でもご確認頂けます。

投稿者 btctkt : 11:30 | コメント (0)

2006年03月23日

ドイツ代表強化試合で米国に完勝

昨日3月22日ドイツ代表はドルトムントでアメリカ代表と親善試合を行いました。今月1日のイタリア戦で大敗を喫した代表ですが、その後ダイスラー選手の怪我でのW杯出場が絶望とのニュースも加わり暗雲立ちこめる状況です。クリンスマン監督は批判の対象となっている試合時だけ米国から帰国するスタイルはW杯終了まで封印し今後はドイツに滞在し、可能な限り試合を視察し選手のプレースタイルや性格を把握していく事になったようです。今回の親善試合もFAカップと日程が重なるため出場辞退者も出ており戦前はクリンスマン監督に厳しい状況だと予想されていました。 

ところが蓋を開ければ試合はドイツの一方的なものとなりました。先ず46分にバスティアンシュバインシュタイガーのゴールで先制。そして圧巻は73,75,79分のノイビル、クローゼ、バラックの3連続のゴールで米国を完全に圧倒しました。米国はスティーブチェランドロのゴールで1点を返すのが精一杯でした。試合は4-1でドイツが快勝し久々の明るい材料が見えました。

そんなドイツ代表は日本代表と5月30日にワールドカップ前の強化試合を行います。このドイツ代表と日本代表の親善試合はどうしてもW杯は観戦出来ないという方には特にお勧めです。現在以下のようにお取り扱いを開始しております。日本代表は6月4日にデュッセルドルフで大会直前の調整としてマルタ戦も予定しており併せての観戦も可能です。

■ドイツ対日本(レバークーゼン)
サイドライン1階 55000円(当社手数料込み)
サイドライン  39000円(当社手数料込み)
ゴール裏    35000円(当社手数料込み)

1枚よりお承り致します。 お早めにお問い合せ、お申し込み下さいませ。

投稿者 btctkt : 09:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月01日

国際親善試合 ドイツはイタリアと激突

1日早く行われた日本の親善試合ですがボスニアヘルツェゴビナに2-2の引き分け。高原選手のヘッドには切れがありました。しかし課題も多く今後の調整に期待です。

さて本日3月1日は各国の強化試合となります。W杯出場国ももちろんそのほとんどが試合を予定しています。韓国代表はソウルでアンゴラと対戦します。昨日のドルトムントも雪がちらついていましたがソウルも寒いなかの熱戦となりそうです。そして今日の親善試合で最も注目されているのがドイツ対イタリアです。フィレンツエで行われるこの一戦には世界中のマスコミも注目しています。

報道によればドイツ代表も問題を多く抱えなかなか実力を発揮することが出来ない環境となっているようです。クリスマン監督は米国在住でもありこれも批判の対象となっていますし、今大会の正GKの問題、監督批判による一部選手の代表からの離脱。ホスト国としてドイツ国内での期待も多く選手、監督にとっても大きなプレッシャーとなっています。この試合で完敗するような事があれば再度監督に対する大きな批判が再燃、ひょっとすると監督人事に影響があるかもしれません。

しかし今後もドイツ代表は積極的に強化試合を行うことに変わりありません。3月22日にはドイツ対米国(ドルトムント) 、5月30日はドイツ対日本(レバークーゼン) 、6月2日はドイツ対コロンビア(ドルトムント)が予定されています。今日のイタリア戦はもちろんですが、強豪米国と行う22日の試合にも注目が集まっています。日本が完敗した米国代表の戦いぶりで日本の現在の実力も図れるかもしれません。

投稿者 btctkt : 10:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月10日

ドイツ代表強化試合でイタリアと激突

ドイツサッカー協会はドイツ代表のテクニカルディレクターに元代表でもあったマティアスザマー氏が就任したと発表しました。テクニカルディレクターは20才以下の強化責任者も兼ね大きな影響力を持つと見られています。このマティアスザマー氏は次期監督候補でもあり現監督のクリンスマン氏の心中も穏やかでないようです。

そのクリンスマン監督のもとドイツ代表はW杯へ向けて強化を行っています。ところが成果が今ひとつ得られていないのが現状で、これを批判する多くの声もあるようです。この状況に加えクリンスマン監督は現在米国在住で代表での試合がある場合のみ帰国するという姿勢に批判も出始めています。

そんなドイツ代表は3月1日にイタリア代表と親善試合を行います。イタリア代表は国内で行う代表戦では比較的大都市以外で試合を行う事が多いのですが今回はフィレンツでの開催となり私たちにとっては便利で行きやすいというメリットがあります。もちろん開催場所だけでなく、ワールドカップでもトップクラスの両代表が戦う試合を観戦出来る絶好のチャンスでもあります。ぜひこの機会に観戦をお考えになってはいかがでしょうか。

投稿者 btctkt : 10:05 | コメント (0) | トラックバック

欧州蹴球情報最前線管理人

BTCベルザキャットリミテッド
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
Tel:047-701-8631(月~金 14:00-17:00) 土日祝日休業
お問い合わせは必ず電子メールで  info@btctkt.com
千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(c)2005-2014 BTC-Bell The Cat Ltd. all rights reserved.