2015年03月14日

2018年W杯アジア1-2次予選

JAPAN.png

AFC-アジアサッカー連盟は3/05にW杯ロシア大会アジア2次予選の組み合わせ抽選を4月14日17時よりクアラルンプールで行うことを発表。日本は6大会連続の出場を狙いこの2次予選から登場します。2次予選はFIFAランクを基準としてシードされた34チーム(イラン、日本、韓国、ウズベキスタン、UAE、カタール、オマーン、ヨルダン、中国、オーストラリア、サウジアラビア、バーレーン、イラク、パレスチナ、レバノン、クウェート、フィリピン、モルジブ、ヴェトナム、タジキスタン、ミャンマー、アフガニスタン、タイ、トルクメニスタン、北朝鮮、シリア、キルギスタン、マレーシア、香港、シンガポール、インドネシア、ラオス、グアム、バングラデシュ )と1次予選を勝ち上がった6チームの計40チームを5チームづつの8組に分かれ戦い各組1位と2位の上位4チームの合計12チームが最終予選に進みます。2次予選は6月にスタートします。

1次予選はFIFAランク下位12チーム(インド、スリランカ、イエメン、カンボジア、台湾、東ティモール、ネパール、マカオ、パキスタン、モンゴル、ブルネイ、ブータン)がホーム&アウェー方式で戦い勝者が2次予選へ進みます。こちらは3/12と3/17に以下のような組み合わせで行います。

<W杯ロシア大会アジア1次予選の日程と結果>
第1戦(2015年3月12日)
その1次予選が開幕しました。各地でホームアンドアウェー方式で第1戦が行われFIFAランク最下位の209位ブータンがアウェーでスリランカと対戦し84分にツェリン・ ドルジの先制ゴールが決勝点となり1-0で勝利する快挙。FIFAランク188位の台湾は高雄で198位ブルネイと対戦も前半36分のアディ・サイドのゴールでホームで0-1で敗れました。東ティモールはホームでモンゴルに4-1快勝、カンボジアもマカオに3-0で勝利です。インドはネパールに2-0で勝利。第2戦は3/17に行われ勝者が6月からの2次予選へ進出します。

3/12 Yemen 3-1 Pakistan
3/12 Sri Lanka 0-1 Bhutan
3/12 Cambodia 3-0 Macau
3/12 Timor-Leste 4-1 Mongolia
3/12 Chinese Taipei 0-1 Brunei
3/12 India 2-0 Nepal

第2戦(2015年3月17日)
3/17 Pakistan - Yemen
3/17 Nepal - India
3/17 Bhutan - Sri Lanka
3/17 Mongolia - Timor-Leste
3/17 Macau - Cambodia
3/17 Brunei - Chinese Taipei

投稿者 btctkt : 17:23 | コメント (0)

2014年12月15日

アジア杯での日本代表23人を発表

日本サッカー協会は12/15にアジア杯オーストラリア大会での日本代表のメンバー23人を発表しました。アギーレ監督は清武弘嗣選手を初招集。 その他ベテランのG大阪の今野選手、遠藤選手、鳥栖の豊田陽平選手も招集です。また若手の有望株の武藤選手、柴崎選手も招集です。しかし残念ながらG大阪3冠に大きな力を発揮した宇佐美貴史選手はメンバー入りがなりませんでした。

尚トレーニングパートナーとしてGK牲川歩見(磐田)、DF植田直通(鹿島)、MF中島翔哉(FC東京)の帯同も発表されています。日本代表は12/29から国内合宿を行った後1/02に豪州へ出発。セスノックでキャンプを張った後にアジアカップ1次リーグD組でパレスチナ、イラク、ヨルダンと対戦します。

GK:
川島永嗣(スタンダール)、西川周作(浦和)、東口順昭(G大阪)

DF:
森重真人(東京)、長友佑都(インテル)、太田宏介(FC東京)、内田篤人(シャルケ)、吉田麻也(サウサンプトン)、塩谷司(広島)、酒井高徳(シュツットガルト)、昌子源(鹿島)

MF:
遠藤保仁(G大阪)、今野泰幸(G大阪)、長谷部誠(フランクフルト)、清武弘嗣(ハノーファ)、香川真司(ドルトムント)、柴崎岳(鹿島)

FW:
豊田陽平(鳥栖)、岡崎慎司(マインツ)、本田圭佑(ミラン)、小林悠(川崎F)、乾貴士(フランクフルト)、武藤嘉紀(FC東京)

投稿者 btctkt : 17:45 | コメント (0)

2014年11月18日

日本代表は本日オーストラリア戦

日本代表は本日オーストラリア戦。
必勝です!

豪州戦を前に2009年にソウルで行われた韓国対豪州戦の動画をアップしてみました。この時の韓国の勝利にあやかりたい👍

投稿者 btctkt : 14:48 | コメント (0)

2014年11月14日

日本代表ブラジル戦観戦

日本代表は今夜豊田スタジアムでのホンジュラス戦です。勝利だけでなく内容にもこだわりたい一戦です。

さて日本代表は10/14にシンガポールでブラジル代表と国際親善試合を行いました。対戦相手のブラジルは10/11に北京でアルゼンチンとの試合を行った後にシンガポールでの日本戦に臨みました。結果は既にご存知の通りですがその様子を少々お伝えします。

JPN-BRA-1.jpg
真新しいスタジアムです。

JPN-BRA-2.jpg
ブラジル戦、熱気が凄いです

JPN-BRA-3.jpg
日本からだけでなく多くの地元のファンも集結

JPN-BRA-4.jpg
試合前の練習

JPN-BRA-5.jpg
苦戦を強いられた試合でした!

JPN-BRA-6.jpg
90分を戦い苦しい試合となったブラジル戦ですが0-4の完敗

投稿者 btctkt : 14:34 | コメント (0)

2014年10月31日

アジアカップに行きたい!

アジアカップにやっぱり行きたい!
オーストラリアはVISAが必要なことはもうご存知と思います。先ずは早めに大使館に行くか、旅行会社に代行依頼するかなんて考えていたんですがこのVISA、最近は米国と同様インターネットで取得出来るETASというシステムになっているんですね。知りませんでした。

しかもオーストラリア政府・移民局のホームページから申請すると無料のようです。ところが申請は無料なのですが残念ながらシステム利用料として20ドルが掛かります。

ところがです。このETASの申請、いろいろと調べてみると実は国内の専門代行業者さんの方が安く取得出来ることが分かりました。

もう知ってるよ!という方も多いと思いますが民間の代行業者さんでは1件680円で取得出来るところもあるようです。

宣伝になりますので会社名やURLの詳細は控えますが各自で調べてご自身が納得出来る業者さんへ依頼、又は直接オーストラリア政府・移民局のホームページからお手続きしてみて下さい。

以下の写真はオーストラリア政府・移民局のホームページです。

投稿者 btctkt : 17:35 | コメント (0)

2014年09月26日

日本代表のブラジル戦スタジアム情報

日本代表は10/14にシンガポールでブラジル代表と国際親善試合を行います。対戦相手のブラジルは10/11に北京でアルゼンチンとの試合を行った後にシンガポールでの日本戦に臨みます。

今回試合が行われるシンガポールの新国立競技場は旧スタジアムを取り壊した後に新しいスポーツ娯楽施設として今年2014年6月にグランドオープンした真新しいスタジアムとなります。

サッカーで使用される場合は5.5万人収容のキャパシティとなりますがその他にも多用に使用出来る施設です。残念ながらトラック部分がありサッカー専用のスタジアムではありませんがこれは致し方ありません。

今回多くの日本サポーター、またブラジルサポーターが応援に行かれることと思いますがスタジアムへのアクセスはMRT(地下鉄)での移動になると思います。以下はシンガポール国立競技場のパンフレットからの抜粋となりますが主に3つのルートがあるようなので簡単にご説明します。


①MRT STADIUM駅
スタジアムの最寄り駅は全線開通したサークルラインのSTADIUM駅となります。シンガポール国立競技場へは出口より直結していますので一番分かりやすく安全だと思います。

②MRT MOUNTBATTEN駅
こちらも同じくサークルラインの駅ですが出口より約600メートルの距離となります。

③MRT KALLANG駅
東西線の駅となりシンガポール国立競技場まで徒歩約600メートルの距離です。

もちろん観戦だけでなくショッピング、観光、グルメと幅広い目的で行かれる方も多いと思いますが楽しい観戦旅行となりますようにお気を付けて行ってらっしゃいませ。


投稿者 btctkt : 15:30 | コメント (0)

2014年08月28日

日本代表、ウルグアイ代表メンバーを正式発表

日本サッカー協会はアギーレ監督のもと初めて行う9月の親善試合2試合での日本代表23選手を発表しました。新戦力の発掘を公言するアギーレ監督ですが、武藤嘉紀(FC東京)、皆川佑介(広島)、森岡亮太(神戸)、松原健(新潟)、坂井達弥(鳥栖)の5選手を初招集しました。また原博実専務理事は香川真司選手と原口元気選手について招集レターを送ったうえで怪我のため招集を見送ったことを明かしました。

また予備登録メンバーを発表していたウルグアイですが8/27に正式なメンバーを発表しました。既に予備登録からはずれていたルイス・スアレス選手、FIFAの処分が軽減され韓国と日本での国際親善試合でのプレーに期待しましたが予備登録メンバーからの復活はありませんでした。またスアレス選手だけでなく日本でプレーするフォルラン選手も選外となり私たちをがっかりさせました。

しかし発表されたメンバーにはGKムスレラをはじめエジソン カバーニ、ディエゴ ゴディンらの来日が正式に決定しました。以下が22名のメンバーとなります。

<日本代表>
GK:川島永嗣(スタンダール)、西川周作(浦和)、林彰洋(鳥栖)  

DF:水本裕貴(広島)、長友佑都(インテル)、森重真人(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(ハノーファ)、坂井達弥(鳥栖)、酒井高徳(シュツットガルト)、松原健(新潟)  

MF:長谷部誠(フランクフルト)、細貝萌(ヘルタ)、田中順也(スポルティング)、森岡亮太(神戸)、扇原貴宏(C大阪)、柴崎岳(鹿島)、  

FW:岡崎慎司(マインツ)、本田圭佑(ミラン)、柿谷曜一朗(バーゼル)、大迫勇也(ケルン)、皆川佑介(広島)、武藤嘉紀(FC東京)

<ウルグアイ代表>
GK:ムスレラ(ガラタサライ)、Mシルバ(バスコダガマ)

DF:ゴディン(アトレチコ)、ヒメネス(アトレチコ)、コアテス(リヴァプール)、カセレス(ユべントス)、Mペレイラ(ベンフィカ)、フシーレ(ナシオナル)、Aペレイラ(サンパウロ)、コルホ(ウニベルシダデチレ)、アギレガライ(エストゥディアンテス)

MF:アレバロ・リオス(UANLティグレス)、Aゴンサレス(ラツィオ)、マジャーダ(ダヌビオ)、ロデイロ(コリンチャンス)、Cロドリゲス(アトレチコ)、デ・アラスカエタ(デフェンソール)

FW:ストゥアニ(エスパニョール)、ロラン(ボルドー)、Jロドリゲス(ペニャロール)、カバーニ(PSG)、 Aエルナンデス(パレルモ)

投稿者 btctkt : 13:20 | コメント (0)

2014年08月22日

ユベントスがGK川島永嗣選手を視察

イタリアメディアはユベントスがELプレーオフ第1戦のスタンダールリエージュ対ゼニト戦にGK川島永嗣選手を視察するためスカウトを送り込んだと報じています。第2GK獲得に向けスカウティングを行っているとの情報です。

GK-KAWASHIMA2014.JPG

その欧州チャンピオンズリーグ予選プレーオフ第1戦ではスタンダールリエージュの守護神、GK川島永嗣選手はシュート17本の猛攻を何とか1点にしのぎましたが残念ながら味方の援護なく0-1の敗戦。来週の第2戦で巻き返して本戦出場に期待です。

投稿者 btctkt : 16:56 | コメント (0)

2014年08月07日

日本代表は10月にシンガポールでブラジル戦

日本代表、ブラジルとの対戦が決定
 \(^ ^)/

ブラジルは今秋アジアでの国際親善試合を計画。10/11に北京でアルゼンチンとの対戦を予定。また報道によると10/14に国内で日本代表との対戦計画が進んでいるとの報道でした。

しかし最終的には10/14に国内ではなくシンガポールの新国立競技場でのブラジル戦で決定です。尚10月10日には新潟、デンカビッグスワンスタジアムでジャマイカとの対戦も決定です。

投稿者 btctkt : 20:46 | コメント (0)

リバプール補強リストに岡崎

SKYスポーツはリバプールがバルセロナへ移籍のルイス・スアレス選手に代わる新しいストライカー候補にマルコ・ロイス選手、ケヴィン・フォラント選手、アレッシオ・チェルチ選手、ロドリゴ・パラシオ選手に加えて岡崎慎司選手をリストアップしていると報じています。

移籍の可能性は高くないとは思いますが今季も岡崎選手には期待感一杯です!

投稿者 btctkt : 20:27 | コメント (0)

バーゼル柿谷チューリッヒ戦で先発出場か

バーゼルは2部ウォーレンと練習試合を行い6-0勝利。トゥーン戦で途中出場を果たした柿谷曜一朗選手は前半35分にゴールを挙げました。

次戦はホームでこちらも連勝中の首位チューリヒと対戦、いよいよ先発でのプレーに期待しても良いですよね。日本の次世代を担う選手ですので鮮烈なゴールをお願いしたいところです。

ところで昔行ったこのスイス、チューリッヒにあるハルトトゥルム(Hardtrum)スタジアム。写真は夜の試合に備え昼間に行き方をチェックするため訪れた際の1枚です。素人写真ですし何の特徴もありませんがつい昨日のように記憶が蘇ってきます。

ZRH.jpg
チューリッヒ/ハルトトゥルムスタジアム

投稿者 btctkt : 16:24 | コメント (0)

2014年07月21日

日本、韓国代表の9月国際親善試合

JAPAN.png

国際親善試合、大韓サッカー協会は9/05にベネズエラ戦、9/09にウルグアイ戦を正式に発表しました。

これに伴い、既報のように日本代表の親善試合もほぼ決定し9/05札幌ドームで行われる新生日本の初戦となるのがウルグアイ、そして9/09には日産スタジアムでベネズエラとの対戦となります。

残念ながらスアレス選手の参加はありませんが、今回日韓クロスして同一国との対戦となるようですので皆様のお住まいの場所により韓国又は日本国内での観戦をチョイスされてはいかがでしょうか。

10月の親善試合については、ブラジルが今秋アジアでの国際親善試合を計画、10/11に北京でアルゼンチンとの対戦を予定しています。 報道によるとその後10/14に国内で日本代表との対戦する計画が進んでいる模様です。最終確定ではありませんがこちらも期待して正式発表を待ちたいと思います。

投稿者 btctkt : 09:44 | コメント (0)

2014年06月18日

W杯ブラジル大会 必勝ギリシャ戦

イトゥで本田圭佑選手がインタビューに応じ、改めてギリシャ戦での自信を示しました。頼もしい!

明後日のこの時間帯には熱戦を繰り広げていることでしょう。
頑張れニッポン!

WC2014-JPNTKT.JPG

投稿者 btctkt : 07:00 | コメント (0)

2014年05月21日

女子アジアカップ決勝チケット

ベトナムのデモもやっと一段落しました。
そんな中でもなでしこは着実に勝利し明日は中国との準決勝の対戦となります。

そして以前にもご案内したベトナムでのアジアカップの3位決定戦と決勝のチケット(1枚で2試合観戦可能のようです)が届きましたので再度お知らせします。

ご希望の方は先ずはメールでお問い合わせ下さい。

絶対勝利あるのみです。頑張れなでしこジャパン!

NADESHIKO-ASIACUP.JPG

投稿者 btctkt : 14:01 | コメント (0)

2014年05月15日

なでしこジャパン 豪州戦を分ける

japanlogo.jpg

女子アジアカップがベトナムで開幕しました。なでしこは昨日の初戦、豪州戦では2点のビハインドから何とか追いつき大きな勝ち点1を獲得しました。明日はベトナム戦、頑張れなでしこジャパン!

さて以下若干枚数ですが以下お取り扱い可能です。先ずはメールでお問い合わせ下さい。

5/25 16:45 3位決定戦 @ホーチミン
5/25 20:45 決勝 @ホーチミン

投稿者 btctkt : 13:34 | コメント (0)

2012年10月17日

日本欧州遠征を1勝1敗で終える

japanlogo.jpg

10/12にフランスのサンドニで行われた日本代表の欧州遠征初戦のフランス戦は後半43分に相手CKのこぼれ球を奪った今野泰幸選手が素早いカウンターを仕掛け最後は香川真司選手が押し込み先制。1-0で勝利しました。

続く10/16にはポーランドでブラジルと対戦。しかし試合はパウリーニョのゴールで先制されるとネイマールにPKを含む2ゴール、カカーのゴールで4-0の完敗。世界との距離の遠さを感じた試合でしたが今後に期待です。 

そして日本代表は11月14日にW杯アジア最終予選、アウェーでのオマーン戦を戦います。何としてもアウェーでの勝利をものにして年内の日程を終えたいところです。

投稿者 btctkt : 10:04 | コメント (0)

2012年08月02日

なでしこ決勝進出、男子は3位決定戦

japanlogo.jpg

7/31になでしこジャパンはF組第3戦で南アフリカと対戦し0-0の引き分けとなりました。この結果1勝2分けの勝ち点5でF組2位で1次リーグを突破し8/03の準々決勝でブラジルと対戦することが決定。そのブラジル戦を2-0で勝利ベスト4へ進出。準決勝ではフランスと対戦しましたが2点を先制も最後は苦しみましたが2-1で勝利し悲願のメダルを確定。金メダルをかけて米国と決勝を戦います。

そして男子日本代表は8/01にD組第3戦でホンジュラスと対戦し0-0の引き分けもグループ首位を決めました。8/04にC組2位のエジプトと準々決勝を戦い3-0で快勝。メダルを目指して臨んだ準決勝メキシコ戦でしたが3-1の完敗。ブラジルに敗れた韓国と3位決定戦を8/10にカーディフで戦います。

男女ロンドンオリンピックサッカーの全試合の結果は当社「オリンピック特集」をご参照下さい。

オリンピック男子サッカーの日程
3位決定戦
8/10 19:45 日本 - 韓国@Cardiff

決勝
8/11 15:00 メキシコ - ブラジル@London

オリンピック女子サッカーの日程
3位決定戦
8/09 13:00 カナダ - フランス@Coventry

決勝
8/09 19:45 米国 - 日本@London

投稿者 btctkt : 14:51 | コメント (0)

2012年03月09日

W杯アジア最終予選組み合わせ抽選

japanlogo.jpg

2012年3月09日にマレーシアのクアラルンプールで2014年W杯アジア最終予選の組み合わせ抽選が行われ、日本はライバルのオーストラリア、そしてイラク、ヨルダン、オマーンと同じグループBに入りました。韓国はグループAとなりイラン、ウズベキスタン、カタール、レバノンと同組となっています。

2014年W杯アジア最終予選では5ケ国が2組に分かれ各組上位2位までがW杯の出場権を獲得します。各組3位はアジア地区プ レーオフに進出しホーム&アウエー方式で対戦。勝者が南米5位との大陸間プレーオフに臨みます。

最終予選 グループA
韓国(30位)、イラン(51位)、ウズベキスタン(67位)、カタール(88位)、レバノン(124位)

最終予選 グループB
オーストラリア(20位)、イラク(76位)、ヨルダン(83位)、オマーン(92位)、日本(33位)
*()内はFIFAランク

日本代表の日程
06/03 日本 v オマーン@ホーム
06/08 日本 v ヨルダン@ホーム
06/12 オーストラリア v 日本@アウェー
09/11 日本 v イラク@ホーム
11/14 オマーン v 日本@アウェー

2013年
03/26 ヨルダン v 日本@アウェー
06/04 日本 v オーストラリア@ホーム
06/11 イラク v 日本@アウェー

投稿者 btctkt : 17:48 | コメント (0)

2010年06月25日

W杯日韓代表がベスト16へ進出

japanlogo.jpg

日本代表はW杯で第3戦目となる最終のデンマーク戦を行いました。日本は開始直後は相手に攻められますが前半FKから本田、遠藤両選手が決めて2-0で折り返します。

後半に入りデンマークはパワープレーから得点を狙います。ゴール前にロングボールをどんどん入れてきますが日本も固い守備でこれを食い止めます。後半36分にはペナルティーエリア内で長谷部選手が相手を倒しPKを与えます。このPKを一旦は川島選手が止めましたがはじいたところをそのままトマソンに押し込まれ1点を返されます。

しかし日本は42分に途中出場の岡崎選手が追加点を上げて3-1。試合はそのまま終わり3-1でデンマークに快勝。日本は韓国とともにアジア代表としてベスト16入りを決めました。

日本の次戦は6/29にプレトリアでのパラグアイ戦、先に決勝トーナメント進出を果たした韓国は6/26にポートエリザベスでウルグアイ戦となります。アジアの誇りをかけて両国が勝利することを確信します。

投稿者 btctkt : 10:48 | コメント (0)

2010年06月15日

日本代表1-0で勝利し勝ち点3ゲット

japanlogo.jpg

日本はワールドカップ南アフリカ大会でカメールンとの初戦を戦いました。前半我慢のサッカーをしていた日本でしたが38分に松井選手のドリブルで突破したボールを本田選手が冷静に決めて先制。少ないチャンスを確実にものにして前半を1-0として日本がリードして折り返します。

追加点が欲しい日本でしたが後半は同点を狙うカメルーンに対し守勢となります。最後の15分は相手の攻撃にひやりとする場面がありましたが集中力を切らさず前半の1点を死守した日本が1-0で勝利。大きな勝ち点3をゲットしました。日本は韓国に続き東アジア勢として勝利を挙げアジアに2勝目をもたらしました。明日は北朝鮮がアジア勢として最後に登場。世界を驚かすサッカーに期待したいものです。

そしてこれより先に行われた日本と同じE組のオランダ対デンマークは前半攻めるオランダえを押さえて0-0で折り返したデンマークでしたが後半1分にポールセンのクリアボールが見方の背中に当たってゴールになり先制を許します。40分にはポストを直撃したボールを右からカイトが押し込み2点目を挙げ2-0としオランダがデンマークに勝利しました。

日本は次戦でこの強豪オランダと対戦します。主力を温存させるのか或いは全力投球に徹するのか岡田監督の采配に大いに期待をしましょう。

投稿者 btctkt : 01:32 | コメント (0)

2010年06月04日

日本代表最終強化試合でも沈む

japanlogo.jpg

日本代は6/04にスイスのシオンで南アW杯前最後となる強化試合をコートジボワールと行いました。勝ちにこだわるという試合にもかかわらず得点機をなかなか作れずフラストレーションがたまる試合となりました。日本は前半12分にFKからのボールを闘莉王選手が又もオウンゴールで相手に先制点を許します。

1点のリードを追う後半には中村憲剛、稲本潤一、中村俊輔の3選手を投入。更に玉田、森本の両FWを入れるもゴールはならず。逆に後半35分にはセットプレーからシュートを押し込まれ2-0となり万事休す。格上相手の試合ながらこれで親善試合を含め4連敗としW杯前最後となる試合で負けたことで各選手の精神面で不安な結果となりました。日本代表はこの後南アフリカへ移動しワールドカップ初戦に備えます。

投稿者 btctkt : 21:58 | コメント (0)

2010年05月30日

日本代表健闘もイングランドに逆転負け

japanlogo.jpg

ワールドカップを控えた日本代表が5/30にオーストリアのグラーツでイングランドとの強化試合を行いました。前半に田中マルクス闘莉王選手のゴールで先制するも後半オウンゴール2つで逆転され2-1で敗れました。健闘しても勝てないというところがやはり実力の差だけではなくサッカーの歴史の重みということなのでしょうは。

それでも久しぶりに面白い試合を見せてもらい充分満足出来る試合でした。ここのところ停滞気味だった代表ですがこれで少しづつ勢いをつけて貰いたいと思います。

そして日本代表は6/04にスイスのシオンでコートジボワール代表と対戦します。ワールドカップ前最後の試合となりこの後南アフリカへ移動しワールドカップ初戦の対カメルーン戦に備えます。

投稿者 btctkt : 23:47 | コメント (0)

2010年05月10日

W杯南ア大会日本代表の23選手を発表

japanlogo.jpg

5/10に日本サッカー協会はワールドカップ南アフリカ大会に出場する日本代表23選手を発表しました。順当な選出となりましたがチームリーダーの役割を担いGKの川口能活選手が選出されました。

日本代表は5/24にW杯壮行試合として埼玉スタジアムで韓国代表と対戦。この後スイスのザースフェーでキャンプを行います。ザースフェーは標高1800メートルのスキーリゾートで南アフリカでの初戦の会場となるブルームフォンテーン、ルステンブルクが標高1000メートル以上のための高地対策となります。そして5/30のグラーツでのイングランド代表戦、6/04のスイス・シオンでのコートジボワール代表と対戦します。

■ワールドカップ南アフリカ大会日本代表
GK:
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)
川口能活(磐田)

DF:
中澤佑二(横浜M)
駒野友一(磐田)
今野泰幸(FC東京)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島)
岩政大樹(鹿島)
田中マルクス闘莉王(名古屋)

MF:
中村俊輔(横浜M)
稲本潤一(川崎)
中村憲剛(川崎)
遠藤保仁(G大阪)
阿部勇樹(浦和)
松井大輔(グルノーブル)
長谷部誠(ウォルフスブルク)
本田圭佑(CSKAモスクワ)

FW:
玉田圭司(名古屋)
矢野貴章(新潟)
岡崎慎司(清水)
大久保嘉人(神戸)
森本貴幸(カターニャ)

投稿者 btctkt : 14:43 | コメント (0)

2009年10月16日

日本代表 ヨハネスブルク・オーランドスタジアム

ご存知のように南アフリカのヨハネスブルクでの日本代表の親善試合ですが会場はオーランドスタジアムへと決定しました。ワールドカップで使用されるエリスパーク、新設のサッカーシティーでの開催が出来なかった事は非常に残念ではあります。ただ先日のスコットランド戦、トーゴ戦でも分かったようにやはりワールドカップまでの短い期間に特に真剣勝負の強化試合を行うためには採算を度外視してアウェーの試合を増やしていく他に方法はなさそうです。南アフリカ代表も精力的に欧州各国代表と親善試合を行っていますがなかなか成果が上がっていないのが現状でそれだからこそ今回の日本戦は大変面白い試合となりそうな気配です。

jnb-orlando.jpg
工事中のオーランドスタジアム

さて今回のオーランドスタジアムは地元プロチームのオーランドパイレーツの本拠地。ワールドカップ本戦のオフィシャルグラウンドではありませんが昨年8月に総工費284万ランドをかけてリノベーションを終了させ来年の本戦にはオフィシャルトレーニンググラウンドとして正式に認められたスタジアムです。施設は南アフリカでもトップクラスを誇っています。今年行われたコンフェデレーションズカップでもブラジル代表がこのスタジアムをトレーニンググラウンドとして使用しました。キャパシティーは4万人です。

会場:ORLANDO STADIUM
住所:Mooki Street, off Klipspruit Valley Road, Orlando East. In Soweto

現地でのチケット価格は30ランド(約370円)が予定されているようです。スタジアムでのチケットボックスでも当日の販売がある見込みで開場となる11時半~より発売されるようです。レンタカー等でお越しになる場合はスタジアムに併設のパーキングが無料となるようですのでご利用下さい。尚当社での手配はない見込みです。

投稿者 btctkt : 14:46 | コメント (0)

2009年07月23日

日本代表11/14南アフリカで親善試合

japanlogo.jpg

日本サッカー協会は当初ホームでの香港戦が予定されていた11月14日に南アフリカのダーバンで南アフリカ代表と対戦することを発表しました。新設の7万人収容のダーバンスタジアムでのこけら落としとしての試合となり、欧州でプレーする選手もメンバー入りする予定です。

コンフェデに出場出来なかった日本代表にとって2010年ワールドカップへの予行演習として開催国での親善試合は貴重な経験となることは間違いありません。日本代表は11月9日に日本を出発し14日にダーバンで試合を行った後、18日に予定されるアジアカップ最終予選、対香港戦へ向かいます。

投稿者 btctkt : 21:16 | コメント (0)

欧州蹴球情報最前線管理人

BTCベルザキャットリミテッド
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
Tel:047-701-8631(月~金 14:00-17:00) 土日祝日休業
お問い合わせは必ず電子メールで  info@btctkt.com
千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(c)2005-2014 BTC-Bell The Cat Ltd. all rights reserved.