2014年08月08日

韓国代表9月の親善試合

大韓サッカー協会のイーヨンス技術委員長が空席になっている韓国代表の新監督就任交渉のためオランダへ出発。前オランダ代表監督のベルト・ファン・マルバイク氏と交渉するためですが現在合意に達するかは不透明のようです。それでもフースヒディング氏を通じオランダと太いパイプを持つ韓国ですので就任の可能性は高いのかもしれません。

さてその韓国代表ですが国内で行う9月の国際親善試合の日程を以下のように発表。当社でのお取り扱いも開始しました。

9/05(予定)韓国 v ベネズエラ
9/09(予定)韓国 v ウルグアイ

★韓国での観戦をお考えの方は先ず当社韓国チケット情報「韓国代表チケット情報」を参考のうえご検討下さい。

投稿者 btctkt : 18:25 | コメント (0)

2014年06月17日

W杯ブラジル大会 韓国の初戦

W杯もいよいよ各組が一巡し最後のH組で韓国が登場です。先ずは初戦のロシア戦に注目です。6/17にクイアバのアレナ パンタナウで行われる試合は明朝7時キックオフとなります。

前評判は決して高くない韓国ですが初戦にスタートダッシュ出来れば今後も面白い試合をしてくれることでしょう。クイアバのスタジアムは多くの韓国サポーター=赤い悪魔(レッドデビル)で埋め尽くされることでしょう。

KOREA-EC2006.JPG

投稿者 btctkt : 10:07 | コメント (0)

2014年05月08日

W杯韓国代表23選手を発表

大韓サッカー協会は5/08にW杯での韓国代表メンバー23名を発表しました。洪明甫監督は注目されたワトフォードへレンタル移籍も感染症で離脱中のパク・チュヨン選手を復帰させました。Jリーグからは新潟のキムジンス選手、広島のファンソッコ選手、柏からはハングギョン選手、キムチャンス選手の4選手が選出されています。

GK:
チョン ソンリョン(水原)、キム スンギュ(蔚山現代)、イーボミョン(釜山)

DF:イーヨン(蔚山現代)、キムジンス(新潟)、ファンソッコ(広島)、キムヨングォン(広州恒大)、カクテヒ(アルヒラル)、ホンジョンホ(アウクスブルク) 、ユンソギョン(QPR)、キムチャンス(柏)

MF:
ハングギョン(柏)、パクジョンウ(広州富力)、ハデソン(北京国安)、キムボギョン(カーディフ)、キソンヨン(サンダーランド)、イーチョンヨン(ボルトン)、チドンウォン(アウクスブルク)、ソンフンミン(レバークーゼン)

FW:
クジャチョル(マインツ) 、パクチュヨン(ワトフォード)、イーグノ(尚州尚武)、キムシンウク(蔚山現代)

投稿者 btctkt : 14:32 | コメント (0)

2009年08月26日

韓国代表 豪州戦での代表23名を発表

ソウルワールドカップスタジアムで9月5日20時キックオフで行われるオーストラリア代表との親善試合で大韓サッカー協会は海外組15名へ招集レターを出したようです。

アンジョンファン選手、キムナミル選手、チョジェジン選手をはじめ欧州からもパクチソン選手、イーチョンヨン選手、ソルギヒョン選手、チャドゥリ選手等へも招集レターを送付。ファンにとっては新旧織り交ぜた韓国サッカーのスター選手達のプレーが見れる可能性もありアジアのライバルである豪州戦は面白い試合となりそうです。

今回の大量の海外組への招集レターはサッカー協会とKリーグがAマッチの日程を巡って対立したことが背景にあったようですが9月5日(土)の豪州戦は変更なし、セネガル戦は10月14日(水)へ変更で決着となりました。

そして8/27に大韓サッカー協会はオーストラリアとの親善試合での代表メンバーを正式に発表しました。海外組15名に招集レターを送ったホ・ジョンム監督ですが最終的には海外組10人を含む23人の代表メンバーに落ち着きました。個人的には久々の招集と期待したのですが日本でもお馴染みのアンジョンファン選手、チョジェジン選手等は残念ながら選ばれませんでした。またチャドゥリ選手もクラブとの関係から招集されませんでした。

しかしヴィッセル神戸のキムナミル選手やフルハムのソルギヒョン選手、フランスから磐田へ復帰したイーグンホ選手、もちろんエースのパクチソン選手をはじめ欧州組も選ばれ強豪オーストラリア戦へ向け万全の体制で臨みます。ワールドカップアジア最終予選では日本を抑えてA組で首位通過をしたオーストラリア、そしてB組首位通過の韓国との激突に注目です。

詳細な代表選手名は当社「韓国サッカー2009年最新情報」をご覧下さい。

投稿者 btctkt : 16:43 | コメント (0)

2009年08月19日

W杯出場の韓国、豪州がソウルで激突!

SEL-2.jpg
ソウルワールドカップ競技場

日本代表は9月にはオランダへの遠征を行いますがお隣の韓国代表は9月5日(土曜)に国際親善試合でオーストラリアと対戦します。ご存知のようにワールドカップアジア最終予選では日本を抑えてA組首位で出場を決めたオーストラリア。そして死の組とも言われた強豪揃いのB組を制してこちらも首位で出場を決めた韓国とのトップ同士の対戦となります。

もちろん来年に迫るワールドカップまで残り少ない時間のなかでの対戦は強化を目指したなかにも本気度の高い試合となることは必至です。当社ではこの試合のお取り扱いを開始致しました。2010年ワールドカップ南アフリカ大会へ出場する両国の試合をぜひともご覧下さいませ。

国際親善試合チケットのご案内
9/05(予定)韓国-オーストラリア(ソウルワールドカップ競技場)
1等席 12000円
2等席 9000円
3等席 7500円

送料:
韓国ホテル宛配送 2000円 
日本渡し 3500円

先ずはメールで試合名、枚数を明記のうえ見積もり請求してご検討下さいませ。安心のご出発前の日本でのお渡し、ソウルホテル宛配送のいずれでもお承り致します。

SEL-1.jpg
ソウルワールドカップ競技場内

投稿者 btctkt : 15:03 | コメント (0)

2009年08月10日

JOMOカップ 日韓オールスターIN韓国

いつもは皆さんへの手配だけでしばらく観戦の機会がありませんでしたので久しぶりに韓国へ出かけてみました。先の週末に行われたJOMOカップへ行ってきました。

当初はソウル岩上競技場での開催予定でしたが仁川文鶴競技場へ会場が変更となりました。初めての韓国でのKリーグ、そしてJリーグの韓日選抜チームによるオールスター戦となります。昨年の第1回目は国立競技場で開催され韓国が3対1で日本を下しています。それだけにJリーグは鹿島のオリベイラ監督のもと一丸となって勝利を目指した今回の大会です。対する韓国は水原三星の車範根監督が指揮を執り地元開催のメンツにかけて昨年に続く勝利を目指しました。

jomo-1.JPG
最寄り駅の「文鶴競技場駅」の前

さあソウルから地下鉄に乗って1時間半、文鶴競技場駅に降り立つともう試合開始前から凄い熱気が伝わってきます。駅前には露天が立ち並びビールやフライドチキン等試合前の買い出しのファンでごった返しています。早くも屋台で一杯引っかけている方もいます。

jomo-2.JPG
露天のアジュマも必至の売り込み

露天を抜けていくと直ぐに競技場が見え5分程度で着いてしまう便利な立地のスタジアムです。家族連れや恋人同士も多く和気あいあいとして雰囲気です。

jomo-3.JPG
直ぐに目の前にスタジアムが見えてきます

荷物チェックもなくすんなりと入場するとトラックはあるものの広く見やすいスタジアム内部が見えてきます。発表によれば3万数千人の観衆ということでしたがサイドのアッパーの部分に空席があったのと日本側のゴール裏席にかなりの空席がありました。夏休み中で航空券が高かったり景気後退の影響。そしてソウルから仁川への変更で在ソウルの日本人の方の出足も鈍ったのかもしれません。片や韓国側のゴール裏は水原の青いサポーターを中心に元気な応援を行っていました。

jomo-4.JPG
韓国の守護神 ベテランGKのイーウンジェ選手

写真のイーウンジェ選手、そして2年数ヶ月ぶりに代表へ復帰し今回のJOMOカップにも直前にメンバー入りしたFWイードングック選手には地元ファンからもひときわ凄い声援が贈られていました。

jomo-5.JPG
韓国側ゴール裏は水原サポーターの青い軍団の凄い声援

試合はご存知のように日本のJリーグが4-1で雪辱を果たしました。この試合のMVPには地元韓国出身で京都に所属する李正秀選手が選ばれ母国に錦を飾りました。さて以前はプロ野球でもKリーグでもスポーツ観戦と言えば焼酎にスルメが定番でしたが最近はそんな人はほとんど見かけません。周りを見渡してもほとんどがビールにチキン、スナック菓子と日本のそれと変わりはありません。恥ずかしながら眞露にさきいかで観戦していたのは私くらいのものでした。それはともかく来年以降もどんどんとKリーグとの交流を深め東アジアの発展に寄与して欲しい日韓のサッカー界です。

投稿者 btctkt : 14:49 | コメント (0)

2007年09月04日

イーチョンス選手フェイエノールトへ移籍

プレミアリーグ、レディングのソル・ギヒョン選手のフルハム移籍が決まりました。今回の移籍は今シーズンから韓国LG電子とフルハムが結んだスポンサー契約に基づきフルハムが韓国人プレーヤーの獲得条項のためU21イングランド代表DFリアム・ローゼナイアー選手とソルギヒョン選手との交換トレードが成立したためのようです。昨季レディングへ移籍し前半は大活躍したソルギヒョン選手でしたが後半は思い通りのプレーをさせて貰えませんでした。心機一転フルハムで大活躍をして欲しいものです。

そして2006年ワールドカップ、先のアジアカップでも活躍した韓国代表イーチョンス選手が移籍期限ぎりぎりとなる8月31日にKリーグ蔚山現代よりオランダのフェイエノールトへ契約金200万ユーロの完全移籍を果たしました。当初レンタル移籍を主張したフェイエノールトでしたが最終的に完全移籍で合意をしたようです。スペイン移籍後国内へ戻り頑張ってきたイーチョンス選手が待ち望んだ待望の欧州移籍が実現した訳です。思い切りの良い切れのあるプレーでぜひとも欧州での成功を収めて欲しいものです。

投稿者 btctkt : 10:53 | コメント (0)

2007年07月12日

アジアカップ 日本、韓国ドロー発進

アジア・カップで日本はカタール戦と対戦しました。後半16分に高原直泰選手が先制点を奪い1点をリードしますが後半43分にPKで失点し同点とされそのまま引き分けとなりました。試合後オシム監督は死ぬ気でやれと激怒したと言われます。3連覇の重圧に監督も選手も苦しめられているのかもしれません。日本の次戦はグループリーグ最大の山場となりそうなUAEです。今年のガルフカップの覇者でもあり監督は名将とも言われるフランス人のメツ監督。韓国代表監督に内定しながら破談になった経緯もあるメツ監督ですが大会の行方を左右しそうな次の一戦に全力でぶつかってくることは必至で日本はこれを返り討ちにしたいものです。日本にとっては次戦の勝利は必須です。

そして日本に続きいよいよ昨夜は韓国代表が登場しました。ジャカルタの蒸し暑い気候のなか初戦はグループリーグトップ争いをする強豪同士の戦い対サウジアラビアとの一戦となりました。韓国はこの試合を勝利して勢いに乗りたかったのですが奇しくも日本と同じような試合展開となりました。

先制したのは韓国でした。後半21分に崔成国選手(城南)がゴールを決め均衡を破りました。しかしサウジもその後ペナルティーを得てこれをアルカタニ選手が決め同点に追い付きました。白熱した試合でしたが後半も押し迫った時点で照明の不具合から試合が中断。20数分中断の後に再開。ロスタイム終了間際にはサウジが決定的な好機を得ますが何とかこれを逃れそのまま引き分けとなっています。惜しい試合を引き分けた韓国でしたが先ずは引き分けたことでほっと一息です。 

日韓代表第一戦の結果

7/09 △日本 1-1 △カタール
ゴール:
61 日本/高原直泰
88 カタール/ Sebastien Soria(penalty)

7/11 △韓国 1-1 △サウジアラビア
ゴール:
66 韓国/崔成国
77 サウジアラビア/Yasser Al-Qahtani (penalty)

アジアカップの詳細は<<<<<

投稿者 btctkt : 10:41 | コメント (0)

2007年07月06日

ACL 全北現代対浦和レッズ取り扱い開始

ACL-アジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント前回王者の全北現代と日本の浦和レッズが準々決勝で対戦します。今回韓国で行われる試合の取り扱いを開始いたしました。限られた枚数のチケットとなります。お早めにメールでお問い合わせのうえお申し付け下さいませ。 詳細は当社「韓国チケット情報」を参照のうえメールでお問い合せ下さいませ。

■アジアチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦
9月26日 19:00キックオフ予定  全北現代 vs 浦和レッズ
(@全州W杯競技場)
お席:浦和側自由席

投稿者 btctkt : 19:43 | コメント (0)

2007年05月31日

ピースカップコリア2007

世界有数のクラブチームが集まって韓国で行われるサッカーの対抗戦「2007年ピースカップコリア」の開催が決定しました。出場するのは欧州からリヨン、ボルトン、ウディネーゼといったクラブを含め世界の強豪8クラブが2つのグループに分かれて戦います。日本からは清水エスパルスの参加も決定しています。

大会は7月12日から21日まで韓国各地で行われます。今回は日本のクラブを招き、またソルギヒョン選手の所属するレディングや強豪のボルトン、リヨンといったクラブの参加で特色を出しています。日程は以下となっています。

7/12 19時 グループA 城南 - ボルトン(ソウル)
7/12 20時 グループA ウディネーゼ - グアダラハラ(光陽)
7/13 20時 グループB レディング - リバープレート(水原)
7/13 20時 グループB 清水 - リヨン(釜山)
7/14 20時 グループA 城南 - ウディネーゼ(城南)
7/14 20時 グループA ボルトン - グアダラハラ(大邱)
7/16 20時 グループB レディング - リヨン(ソウル)
7/16 20時 グループB リバープレート - 清水(釜山)
7/17 20時 グループA ウディネーゼ - ボルトン(高陽)
7/17 20時 グループA グアダラハラ - 城南(光陽)
7/19 20時 グループB リヨン - リバープレート(水原)
7/19 20時 グループB 清水 - レディング(高陽)
7/21 17時 決勝(A1位-B1位)@ソウル

◇当社ではこのピースカップコリアのお取り扱いを開始致しました。先ずは当社「韓国サッカー情報」をご覧のうえメールでお問い合せ下さいませ。

投稿者 btctkt : 08:50 | コメント (0)

2007年03月24日

韓国は6月にオランダと親善試合が決定! 

オランダサッカー協会は6月にアジア遠征を決定しこれを発表しました。先ず以前より報道されていた通り6月2日にソウルワールドカップスタジアムで韓国代表と対戦します。その後6/6にはバンコクラジャマンガラスタジアムでタイ代表と親善試合を戦う予定です。

韓国代表はアジアカップ前の重要な時期に欧州の強豪との対戦で強化を図る意向です。又オランダはユーロ予選対スロベニア戦を3月28日に終えると9月まで試合がないためアジア遠征を組むものです。但し6月にオランダ国内で北京オリンピックの予選があるためオリンピック代表に選出された選手に関してはこれを優先しアジア遠征へは招集されない方針です。楽しみな一戦となりそうです。

☆6/2の韓国対オランダ戦お承りを開始致しました。先ずは当社「韓国チケット情報」をご確認のうえお見積もり請求をお願い致します。

投稿者 btctkt : 13:06 | コメント (0)

2007年02月18日

韓国代表ウルグアイとの親善試合

2月6日にロンドンで行われた国際親善試合対ギリシャ戦ではイーチョンス選手のFKが決まり韓国は1-0で2007年を白星でスタートさせました。そして日本との対戦が当初予定されていた3月24日は正式にウルグアイ戦がソウルで行われる事が決定したようです。今年を占う第2戦目、国内での開幕戦となります。

この試合で欧州組の召集があるのかはまだ不明ですが怪我から復帰し調子の上がってきたパクチソン、欧州移籍を果たしたばかりのイードングック選手等のプレーが見れるのか注目です。もちろんプレミアリーグで活躍するレディングのソルギヒョン、トッテナムのイーヨンピョ選手等をはじめ先のギリシャ戦で決勝点をあげたイーチョンス選手等のプレーも楽しみです。

■国際親善試合
3/24 20:00 (予定)韓国対ウルグアイ(@ソウルW杯)
1等席 12500円(手数料込)
2等席   9800円(手数料込)
3等席   8500円(手数料込)
別途送料 ソウル市内1500円 日本渡し 2500円
お申し込み締め切り:~3/09まで

☆韓国サッカー代表の試合は経験豊富な当社へ先ずはメールでお問い合わせ下さい

投稿者 btctkt : 12:35 | コメント (0)

2007年01月24日

新たな韓国人プレミアリーガー誕生か

パクチソン、イヨンピョ、ソルギヒョンに続き4人目となる韓国人プレミアリーガーとなるかもしれません。韓国Kリーグ浦項のイードングク選手はプレミアリーグミドルズブラへの移籍がほぼ決定したと韓国の各メディアは報じています。ミドルズブラと浦項は既に合意に達し、残る問題は労働ビザの発給だけのようです。イードングク選手は昨年12月にミドルズブラの入団テストを受け合格したものです。ただ英国の労働ビザの発給は非常にうるさく怪我でプレーできない時期もあった為ビザの発給を固唾をのんで見守っている状態です。

bigben.JPG
(写真はロンドン・ビッグベン)

そしてもう一人ウィガンアスレチックと入団交渉をしているのがKリーグ蔚山のイーチョンス選手です。メディアによっては期限付き移籍の可能性について言及していますが現在のところまだはっきりしたことは解っていません。ただイーチョンス選手にとってはスペインでの経験をバネにプレミアリーグでの再挑戦を希望しているようでどんな形であれ欧州でのプレーを強く希望しているようです。

投稿者 btctkt : 09:40 | コメント (0)

2007年01月07日

韓国代表 2007年親善試合

韓国代表の上半期の親善試合の予定がほぼ決まったようです。先ず2月6日20時キックオフ予定でロンドンに於いてギリシャと対戦します。もちろんマンチェスターユナイテッドで怪我からの復帰を果たしたパクチソン、そしてレディングで活躍中のソルギヒョン、トッテナムのイーヨンピョの各選手も招集される見込みです。

そして3月には既報のように日産スタジアムで伝統の日韓戦。7月からのアジアカップを前にした6月2日にはオランダ代表との試合が予定されているようです。韓国では新生代表チームの結果に今ひとつ満足出来ないでいる多くのサポーターがビムファーベーク代表監督への厳しい姿勢を崩していません。一連の親善試合、そしてアジアカップの結果がビムファーベーク監督の去就を大きく左右しそうです。

★韓国代表の試合は先ず当社「韓国スポーツチケット情報」
★欧州各国の親善試合情報はこちらです。

投稿者 btctkt : 17:02 | コメント (0)

欧州蹴球情報最前線管理人

BTCベルザキャットリミテッド
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
Tel:047-701-8631(月~金 14:00-17:00) 土日祝日休業
お問い合わせは必ず電子メールで  info@btctkt.com
千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(c)2005-2014 BTC-Bell The Cat Ltd. all rights reserved.