2006年01月20日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)最終回

westham-9.JPG

ロンドンのクラブを訪ねるシリーズのプレミアリーグ・ウェストハム編の最終回です。さてこのお正月に入団テストを受けに鹿島の小笠原満男選手が渡英しました。ご存知のように5日~11日までウェストハムの練習に参加していました。残念ながら海外への移籍はこの夏以降に延びたようですがいろいろな経験を積むことは将来大きな財産となって自身に戻ってくることでしょう。

そして今季昇格組のウエストハムは現在10位、昨季はチャンピオンシップ6位ながらプレーオフで勝負強く勝ち残り昇格最後の枠を射止、そして大健闘中のウエストハムです。ザモラ、ヘアウッド等の活躍で更に躍進してもらいたいと願って止みません。

投稿者 btctkt : 14:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月14日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第7回

westham-8.JPG

さてスタジアムの左方向に行くとファンのためのサポータズストアがあります。この日は試合もなくお店はクローズしていましたが普段は大勢のファンで埋め尽くされています。マンチェスターユナイテッドを筆頭にイングランドのクラブはどこもクラブのブランド化に成功し各スタジアムにも大きなストアを持っています。

投稿者 btctkt : 14:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月12日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第6回

westham-7.JPG

ウエストハムは今季よりマンチェスターシティーと同様、チケットは基本的に会員のみの限定販売としメンバーカードでの入場としています。これは人気カードを中心に多くのダフ屋の横行。そして偽造チケットの防止のためでもあります。当社のお客様でも過去にダフ屋から購入したチケットが偽造で強制退場させられた(最悪の場合逮捕の可能性も)経験をされた方も実際にいらっしゃいます。スタジアムへ行けばダフ屋がいる云々といった事を掲載しているガイドブックも一部であるようですが日本同様にこれは犯罪行為ですからくれぐれもご注意下さい。

さて写真はウエストハムのチケットボックスです。試合のないこの日は全てクローズしていますが今季絶好調のウエストハムは現在9位と大健闘。特にロンドンのビッグクラブとの対戦前にはチケットを求めて長蛇の列が続きます。

投稿者 btctkt : 10:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月22日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第5回

westham-6.JPG

さて駅を背にして右方向へしばらく行くと、写真の通り左手にスタジアムが見えてきます。赤い門が目印ですがもちろんスタジアムは周辺で一番大きな建物ですからかなり遠目にも認識出来ます。

ウエストハムはホテルを併設しており、このホテル(QUALITY HOTEL)へ宿泊しての観戦も便利ですし、ロンドン中心地からもそれ程遠くありませんからショッピングや観光と合わせてホテルをチョイスしても全く問題ありません。

投稿者 btctkt : 16:32 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月02日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第4回

westham-5.jpg

駅を背にして右方向へ進むとスタジアムとなります。写真はちょうど駅からこの右方向を見た位置でのアングルです。ここから数分歩けばスタジアムですから至って簡単。迷う可能性すらありません。

ところでこの写真では分かり難いのですが左側にはいろいろなお店があるのですがこの辺りはアラブ系の人たちも多くかなりヒスパニックな雰囲気の街です。日本ではお目にかかれないようなお肉やさんやらカバブを売るお店もあったりでサッカー以外でも楽しめるエリアです。

投稿者 btctkt : 10:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月31日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第3回

westham-4.JPG

前節の対ボルトン戦では中田英寿選手のデビュー戦になるのではと注目されたウエストハム戦です。しかしベンチ入りはしたもののデビューが次節のホームでの試合となりそうですね。しかしこの試合も大変な盛り上がりをみせたウエストハムの本拠地アプトンパークです。

このアプトンパークは地下鉄ディストリクトラインのアプトンパークが最寄り駅です。駅を背にして右方向へ数分歩くともうそこがスタジアムという便利な立地です。写真はアプトンパーク駅です。ウエストハムは今季よりクラブメンバーカードによる入場に切り替えています。当社でもお取り扱いしておりますが、通常のチケットと違い持ち帰りが出来ません。観戦後は返却が必要ですので観戦をお考えの方はご注意が必要です。

投稿者 btctkt : 12:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月22日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第2回

westham-3.JPG

ロンドンの東の端に位置するのが今季1部より昇格してきたウエストハムです。地下鉄ディストリクトラインのアプトンパークが最寄り駅です。路線図を見るとちょっと遠そうに見えますが市内中心より30分もあれば行ける距離です。運休や遅延で英国では完全に信頼を失っている英国国鉄を利用する必要もなく簡単に行け、旅行者にも問題なくアクセス出来ます。アプトンパーク駅に到着し、改札を抜けるとスタジアムの方向を示す標識もあり迷うことはありません。

投稿者 btctkt : 14:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月16日

ロンドンのクラブを訪ねて(ウエストハム編)第1回

westham-1.JPG

昨季チャンピオンシップのプレーオフを勝ち上がってプレミアリーグ昇格を果たしたウエストハムです。ロンドンのクラブとして人気も高く、また我々観光客も観戦がしやすいスタジアムですのでプレミア初体験の方や初心者の方へは特にお勧めのクラブでもあります。今回からシリーズでウエストハムをご紹介して参ります。(写真はスタジアム正面)

このウエストハムですが今シーズンからチケットのシステムが大きく変わりましたので先ずは今回大きく変更したチケットシステムについてご案内致します。今季より採用されたシステムはマンチェスターCityと同じようにカード形式となりました。ゲートに設置されたカードリーダーにカードを押し当てての入場です。これは基本的にクラブメンバーのみを入場させるための措置となります。

当社ではWESTHAMの手配に関してはお客様へは『カード』と『エントランス、列、席番号が書かれた紙』をお渡し致します。チケットのお届けがロンドン市内ホテルであればカードと席の紙は通常通りホテル宛の配送となります。試合終了後にご使用になったカードは返却していただく事になります。記念にお持ち帰りになることは出来ません。試合当日の夜又は翌日を目処に回収させて頂きます。この点何卒ご了承下さい。尚紛失等で回収できなかった場合にはカード再発行費用並びに手数料として2万円を頂戴致しますのでくれぐれもご注意下さいませ。カードを紛失に加え返却しないまま英国を出国なさらないよう十分にご注意頂きますようにお願い致します。この場合も同様に補償金をお申し付け致します。又ロンドン市内でのご宿泊でもユースホステルやBB、郊外の宿泊の場合は当社の判断でチケットは「有料の手渡しサービス」にさせて頂き、手渡し料金を頂戴致しますのでこの点もご了解下さい。次回よりスタジアムの行き方や周辺の情報を順次ご紹介して参ります。

投稿者 btctkt : 10:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月16日

チャンピオンシッププレーオフ開幕

westham-1.JPG

僕はこの季節のプレミアリーグが大好きです。気候も良くなり観戦もしやすい、そして一番の楽しみがプレミアリーグの残留争いとチャンピオンップシップのプレーオフがあることもその理由です。(写真はプレーオフ出場中のウエストハムのアプトンパーク正面入り口)

そして我らが稲本選手の所属するウエストブロムは最下位から奇跡に近い形で何とか残留を決めましたね。来季こそ大きな期待をしたい稲本選手とWBAです。プレミアはこれで全日程が終了しクリスタルパレス、ノルウイッチシティー、サウサンプトンの降格が残念ながら決定しました。個人的には穏やかなクリスタルパレスのファンが好きでしたし、古い街ながらも緑の美しいセルハーストを愛していましたがこれは致し方ないですね。

チャンピオンシップからは1-2位のサンダーランド、ウイガンアスレチックの2クラブの昇格が正式に決定しました。昇格枠残り1チームを巡って3-6位でプレーオフが始まっています。これが本当に楽しみな試合で、観戦のなかでも僕の最高に幸せなものの一つです。各クラブが最後の力を振り絞って決死の覚悟で戦うプレーオフには究極の面白さがあり、短期間に凝縮された戦いはほんと病みつきになります。プレストン、ダービー、ウエストハム、イプスウイッチのどこのクラブが昇格を果たすのか目が離せません。

◆チャンピオンシップ・プレーオフ第一戦結果
○PRESTON 2-0 DERBY COUNTY●
△WEST HAM 2-2 IPSWICH△

5/17 追記
◆第2戦の日程
5/18 20:45 IPSWICH vs WEST HAM
5/19 20:45 DERBY COUNTY vs PRESTON

投稿者 btctkt : 16:04 | コメント (0) | トラックバック

欧州蹴球情報最前線管理人

BTCベルザキャットリミテッド
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
Tel:047-701-8631(月~金 14:00-17:00) 土日祝日休業
お問い合わせは必ず電子メールで  info@btctkt.com
千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(c)2005-2014 BTC-Bell The Cat Ltd. all rights reserved.